投稿

お土産の買い出し

今日は夕方から雨という予報であったけれど、ちょっとセンターに用事があったので自転車通勤。
実験をそそくさと済ませて(かなりの勢いで実験した気がする)、早めにラボを出てセンターへ。相方からの頼まれものと、一時帰国時の土産を買うこと。頼まれ物の方は何件か周って検討する必要があったのだけれど、一軒目のもので決定。が、その一軒目に戻ってみると、既に閉店。後から調べてみると、そもそも最初に店を訪れた時点で閉店時間であり、客がいたから開けていただけであったらしい。仕方がないので、明日の朝にリベンジすることにする。土産物は、チョコレートにした。Hotel Chocolatのものを買ったけれど、まあまあ高いんだよなあ・・・。まあ仕方ないか。
センターから帰ってくる頃には少しずつ雨が降り始めたけれど無事に帰宅。その後、雨粒が窓にあたっていたので、結構降ったみたい。本格的に降られなくてよかった。
今日買えなかった頼まれものは、明日の朝に買う予定。

朝の全国ニュースでそんなあけすけに金をどう使わせるかなんて話題にする国なんだっけ?

NHKの朝のニュースを見ていたら、訪日旅行客は増加しているのだけれど、その客単価が目標額に達してない、みたいにまとまったニュースをやっていた。見ていて気分が悪かったのだけれど、ニュースってそんなものだっただろうか?
いや、”儲けを考えるな、おもてなしだよ、おもてなし”とか言うつもりは無いです。地方創生に観光業は欠かせないんでしょうし、客商売をするからにはお金を使ってもらわないと困るでしょう。でもさ、そういう話をそこでするかって話ですよ。出演している一般の人たちは、そういうストーリーに乗っかって話させられているだけだろうから仕方がないところはあるにしろ、全視聴者に向かって、”外国人から効率よく金を巻き上げましょう”というテイストのニュースを流しちゃう神経が理解出来ないし、それを見た人たちが、”そうだ、乗り遅れずアイツラから効率よく金を巻き上げねば”とか、血道を上げてしまったりする姿が、なんとも不気味に感じられるわけです。業界団体のセミナーとか、せめて経済ニュースくらいでやってくれるならいいですけど。あけっぴろげに、 ”日本人がお金を使ってくれる可能性は低いですから、金を持っている隣国の皆さんにお金を落としてもらいましょう” みたいな話、自分が旅行する立場だったら絶対聞きたくないですけどね。”こういう風に工夫してもてなしてますよ”っていうパッケージなら別にいいんですけど、パッケージが、”金の落としてもらい方”って感じだったので、げんなりしてしまいました。それ、翻訳されて海外に配信されたらどうなんでしょうね??
魅力もある国だとは思っているんですけどね、なんかここのところ、日本って場所を信用できなくなる話が多い気がしています。

別段なにもない土曜日

今日も朝は雪がちらついていましたが、日中は良い天気。しかし、気温はやはり5度以下でした。
間抜けなことに、昨日やるべき仕事を忘れて帰ってきてしまったので、(今日は本当は休もうと思っていたのだけれど)ラボに行くことに。バスで行くか、自転車で行くかと延々迷いましたが、結局自転車を選択。土日は最寄りのバス停までは行ってくれないですから。
間抜けで残った実験をするだけなので、ラボ滞在時間は短めにして帰宅。

不機嫌ドライバー

今朝は雪がちらついており、昨日に続いてバス通勤にした。マイナス20度、みたなところの人から見たら、温かいのだろうけれど、0度近辺だって自転車通勤するにはまあまあ寒いですよね。
今日でテクニシャンのLさんが産休に入るので、試薬の注文関連のことを少し確認。これからはSさんがその業務を引き継いでくれるのはありがたい限りである。しかしちょうどいいタイミングなので、共用の試薬の注文はホワイトボードに書くというシステムを導入。無くなっても注文しない人が多いので、注文してあるんだか無いんだかってのを管理したほうが良いし、注文しない人には、”ちゃんとやってくださいね”というプレッシャーをかけるのが目的。続くかどうかわからないし、やらない人に対して効果があるのかはわからないけれど。まあ、気分転換にもいいかなと。
帰り、バスはだいたいアプリ通りに来たのだけれど、そのドライバーの態度の悪さに辟易。自分が乗るときにも態度が悪かったのだけれど、何に苛ついているのか、お釣りの必要な客に対しては全て必要以上に細かい釣りをよこしているらしく、その処理にやたらと時間を要していた。ただでさえ道が混み合っていたので、無駄に時間がかかった。しかも、なんの恨みがあるのかバスのヒーターをつけず、延々と冷たい風が送られてくるという・・・。バスに乗っているのにも関わらず体が冷えてしまった。しかし、不機嫌撒き散らして仕事をして何が楽しいのか。ご機嫌に普通に運転していたらサンキューって言ってもらえる仕事って、そんな悪いもんでもない気がするんですけどね。態度が悪いと、それも言ってもらえない(ほんとに、普段に比べて言っている人が少なかったように思う。もちろん私も言わない)。
途中からNさんがバスに乗ってきて、久々に会話(短い区間だけど)。なんだかとても楽しい感じの仕事をしていて、良いことです。

スモークしたサバはほぼ干物の味

イメージ
昨日は疲れてしまって記事を書かなかったけれど、おととい降った雪が昨日も残っていて、そして、(恐らく)その前に降った雨が残って雪の下で凍っていて、自転車での通勤は結構恐ろしかった。それでも結構なスピードを出していく人がいるんですよね。怖くないんだろうか? 今日は朝起きてスマホの天気を見ると、気温マイナス5度。見た瞬間にバス通勤を決定。マイナスだと流石に寒すぎる。日中も気温が上がらないので、雪は今日もまだ残っている(道路上には残ってないけど)。寒いせいか、7時半くらいのバスも結構混み合っていた。
今日は職場でマタニティリーブに入るLさんと、ラボを移るCさんのためのケーキ会が催された。Cさんは、移ると最近聞いたけど、こんなに早く異動するのね・・・。私は直接は関係してないのでまあ良いんだけれど、関係している人たちはバタバタしている感がある。というか、バタバタしていた感があった。というのも、Cさんはお別れ会なんだけど病欠で、メールでサヨナラを残してラボを去ってしまい、もうバタバタもしようがないという・・・。いやまあ、病気は本当なんだろうけど、なんか、まあ、ちょっと、ねえ。お互いに色々と思うところはあることだろうと思います。主役の一人が欠席なものの、とりあえずケーキ会は催されて、私はパイを頂いた。お三方(お腹の赤ちゃんを含めて)のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。

夕方にパイを食べてしまったのと、ここ最近食べすぎている感があるので(贅沢しているわけではなく、多めに作ったカレーと買いすぎたバナナを消費するために、なんとなく食べ過ぎになっただけ)、こんばんは控えめの夕食。
メインは最近よく買う、smoked mackerel。サバの燻製なわけだけれど、これがね、ほとんどサバの一夜干しって感じで、美味しいのです。値段もそれほど高くないし。こちらの食材で、もっとも日本的な味のものは何かときかれたら、これですね。燻製ときいて、いぶかしむ向きもあるようですが、ご存じない方は是非お試しいただきたい(パッケージにはグリルしろとありますが、わたしはトースターでちょっと焼いて食べています。魚の匂いが残るのが・・・という人も多いような気はしますが)。こちら在住の日本人の間では有名な話なのかもしれないけど。アイルランドにいる頃にもアメリカにいるころにも、そんなものに気づきもしなかったのだ…

ありがちな

今日も寒いケンブリッジ。朝天気予報を見ると、雨は夜更け過ぎに雪へとかわるだろう、という予報だったのだけれど、バスに乗るタイミングを逃してしまったので自転車通勤。なんでか知らないけれど、ケンブリッジのセンター周辺はいつもよりも激しい渋滞が発生していたのでとりあえず朝の時点では自転車で正解と思っていました。

さて、昨日基本に立ち返るとか思ってやってみたsolubility screenは、どの条件でもほとんど沈殿は生じず、”ああ、ありがちな・・・”とため息をついて終了。塩もグリセロールもなんにも無しで安定だとわかったのは、それはそれで良いのだろうけれど、サンプルの劇的な改善法が見つかんないかな、という期待は裏切られることになった。まあ、そんなもんです。

帰り、やはり雨がぱらついていたのだけれど、ちょっと寄りたいところがあったために自転車で帰宅することを選択。これがまた、ありがちな感じで段々と雨脚が強くなってきて、結構濡れることになった。まあ、でも、ずぶ濡れと言うほどでもなかったので良かったのだけれど。自転車を漕いでいる間は雨だったのだけれど、家についてしばらくすると雪にかわっていた。しばらく降って、自動車の屋根なんかには薄っすらと積もっていたけれど、すぐに止んでしまった。

基本に立ち返る

ここ数日間比較的暖かかったせいか、今日は非常に寒く感じたケンブリッジ。夜の気温はマイナス2度になっていた。
電顕のサンプルを用意しようと思いながら、発現がうまく行かなかったりしてしばらく間が空いてしまい、基本的な電顕の使い方すら危うくなっているので、今日は学生さんがやっているのを横で見学させてもらい、なんとなく色んな事を思い出した。実際に使う前に復習が必要だけれど。トレーニングだけ受けても、しばらく使ってないと忘れてしまうので、定期的に使えるようにサンプルを用意していきたい(それが目的ではいけないのだけれど)。

結晶の方のサンプルは、相変わらず結晶が出ないので、基本に立ち返ってsolubility screeningをしてみた。結晶化用のサンプルのバッファーって、個人的にはクリティカルだと思っているのだけれど、とりあえず結晶を仕込んでみて、そして結晶が出てしまう、というパターンが多いせいか、真面目に検討することが少ないような気がする。と、書いている自分も、適当なバッファーで仕込んだら結晶が出てしまったのと、solubility screening的なものがこれまでのラボでは無かったりしたのもあって、ここ最近はあまり真面目にサンプルバッファーを検討することが無かった。けどまあ、うまくいかないからにはきちんと詰めていこうということで余ったサンプルを使ってやってみた。結果は明日。どんなバッファーでも大丈夫っていうのが一番困るのかもしれないが。とりあえず、そういうものも揃っているのがありがたい。