最後のプログレス

今日は、このラボにおける最後のプログレスレポートでした。
最近、グズグズのまま姿を消す人、または、あまりに素早く姿を消す人が多く、プログレスをして引き継ぐということがなかったような気がするのだけれど、たまたま日程が埋まってなかったということなのかなんなのか、やってちょうだいね、ということに。

とりあえず、手を付けていて、中途半端で出ていく内容についてお話して、ちゃんと後の人がやってくれることを祈る。もうちょっと進めたかったけど、まあ、仕方ない。

これを持って、気分的にはこのラボの生活はほぼ終了で、後はお片付けがメインになるだろうか?あ、でも、ちょっとやっておきたいこともあるのだけれど、やってたら、まだ実験してるの?と笑われそうな気がしないこともない。

とりあえず、プレゼンが終わった後は、部屋に帰ってとにかく論文を捨てまくった。次の仕事と直接関係あるものは殆ど無いので捨てやすい。逆に、移行期間中に読むものはダウンロードしておかないといけない。明日、もう少し捨てるものを捨て、持って帰る物を持って帰る。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???