投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリスのビザ申請 労働ビザ:Tier2(general) イギリスにも色々なビザのカテゴリーがあるが、普通にイギリスで職を得て働くためのビザは、tier2(general) というもの。私もイギリスのラボに雇ってもらって、そこから給料をもらうのでこのビザに申請する。申請費用を雇用先が払ってくれるなんて言う甘い話は(もちろん)無い。
ビザ申請の要件:まずは英語のテストを受けて、雇用主からCoSをもらいましょう 以前にも書いたと思うが、tier2ビザに申請するためには、 1.CoS (Certificate of Sponsorship)があること(リファレンスナンバーであって、具体的な書類があるわけではない) 2.一定額以上のサラリーが保証されていること 3.英語能力の証明(IELTS又は英語圏の大学・大学院の卒業証明) が必要になる。あとは、財政能力を示すために口座の預金残高証明を提出する必要があるが、雇用者がA-ratedである場合にはそれには及ばないということらしい(ただし、雇用される人本人のみの場合が多いと思われる)。大学なんかは多分A-ratedに当たると思われるので、大学で働く人はいらないということらしい。A-ratedに該当しない場所で雇用される場合は、過去90日間の銀行の残高証明を取り寄せ(本人をサポートする分945ポンド、家族をサポートする分、1人630ポンドの残高が必要で、その額を90日間で下回っていないことを証明しないといけない)、それを英訳し提出する必要がある。英訳は業者に行って貰う必要があるが、ビザセンターが例に挙げている会社を使わないといけないというわけではないらしい。この証明書のたぐいは、30日以内に発行されたもの、という規定があるので、余裕を持って早く作ってしまうと、期限切れになることがあるので注意する。ということで、まずは英語力の証明と、雇用先とやり取りをして、CoSを貰うことが先決。
申請費用と忘れてはならないIHS CoSをもらったならば、オンラインでアカウントを作り、必要事項を打ち込み、ビザアプリケーションセンターの予約をする。時期によるのかも知れないが、意外とアポイントメントは近い日程(2日後くらいから)で押さえることができた。その後、IHS(Immigration Health Surcharge。…

日本で旧交をあたためる

イメージ
立て続けにアメリカ滞在時に知り合った方々3人と会った。
お二方とは東京で、もうお一方とはつくばで。

東京では、Yさん、Oさんと新宿待ち合わせ。久々の都会ですっかりお上りさん気分。まあ、昔から日常的に人混みに出かけていったわけでもないしな。はじめてゴールデン街というを覗いた(入った店はそこではないが)。

近況報告と、向こうの様子が主な話題。

私は手ぶらで行ってしまったのだけれど、群馬大にお努めのOさんにはわざわざ遠い所をお越しいただいた上に手土産に日本酒までもらってしまった。申し訳ない。ありがとうございます。また東京で会えたら良いですね。

頂いた群馬のお酒、赤城のしずく。美味しくいただきました。スッキリしていて飲みやすいお酒でした。

つくばので会ったHさんは、測定でつくばに来るということだったので、出かけてきた。私としては、つくばと言えば定食屋、というイメージなのだけれど、会ったのが日曜日の夜だったため、多くのローカルなお店は休業日。彼のホテル近く(花畑だか筑穂だか?)のおしゃれ居酒屋、miyabiに行った。私が住んでいた頃にもあったのだろうか?なかなか雰囲気のいいお店で、料理も美味しかった。

Hさんは、2年ぶりくらいだけれど、お元気そうで何より。お互いに子供が産まれた直後なので、そんな話も結構多かった。後は仕事の話がやはり多い。

まあ、日本は(も?)研究業界は不景気ですねえ・・・という感じの話。彼は、某帝大医学部なのだけれど、多くの基礎系の研究室は教員が二人体制なんだとか。まあ、医学部の場合、学生の配属があるわけではないからそれでも良いのだろうけど、研究費獲得という観点では厳しいのは違いない。某大型グラント面接の舞台裏を伺って、なんだかなあ・・・と思ったり。うまい話は転がってないけど、頑張るしか無い。こちらは、またどこかでお会い出来るのではないかな?わかんないけど。

子供の日本パスポート

イメージ
アメリカパスポートで日本に帰国したうちの子供。次にイギリスに出国する際には日本のパスポートでないといけないので、日本パスポート用の写真を撮るために、近所の写真館へ行ってきた。
日本のパスポートは、新生児の写真を撮影する場合には親の手が写っても良いんだそうで、私が息子のクビを持って座った状態で撮影してもらった。写真を撮ろうとすると妙にご機嫌で、私の方を見ているのだけれど、私の方を見ていても写真は撮れない。そこはプロ、上手いこと気を引いてカメラの方を向いたところで写真を撮ってくれた。

その帰り道、空前の猫ブームとは関係ない、由緒正しき野良猫を見かけた。
かなりこちらを警戒していたけれど、ズームで一枚。

おくつろぎのところ、お邪魔しました。

後日、パスポートの申請に行こうと思ったのだけれど、戸籍謄本が必要だと気づき撃沈。
本籍地でしか申請に必要な情報が取れないって、不便すぎる。

アメリカのアパートからの支払い請求:SureDepositは保険ではなく、債権です

保険だと勘違いしていたSureDepositは、実は債権 アメリカのアパートから、カーペットなどのクリーニングの請求がやってきた。
入居する際、敷金ではなく、90ドル弱のお金を払うことで敷金を払わなくて良く、出ていくときも支払いは生じないと理解していたのだけれど(その時はinsuranceだと聞いたと記憶している)、実際にはinsuranceではなくて、bondで、もしレジデントが退去時に費用を支払わずに逃げたら、そのbondから費用を拠出して、その会社がレジデントに対して請求、ダメなら法的な措置をとる、という、居住者ではなくアパートの運営会社側に立ったシステムであることがわかった。

まあ、結局、最終的に支払うお金はdepositを支払った場合と変わらないのだろうけど、最初の90ドル分は無駄に払うわけで、なんか騙された気分。そう言われて契約書を読むと理解できるのだけれど・・・。

契約の時点では調子のいい事を言われてような気が。とは言え、法的な措置なんかとられても困るので、支払うしか無いか。SureDepositご利用の際にはご注意を。

ポケモンハンターハント

イメージ
自分はポケモンGoはやってないのだけれど、ポケモンGoをやっている人たちの動向は気になるところ。相方の実家の街では、総合公園というところにポケモンハンター達が集っているという噂を聞きつけ、散歩ついでに見回ってきました。

いやはや、老若男女、色んな人達がポケモンに興じているものです。結構ご高齢の方がポケモンを集めているのを見かけて、感心するというかなんというか・・・。軽トラに高齢者ドライバーのマークを付けてポケモンを起動しながら運転していると思われる方もいらしゃったりして、怖い。

しかし、高齢者にしろ、ちょっとメタボ気味な若者にしろ、それがなかったらしなかった運動をしているのだろうから、彼らの健康には貢献しているのでしょう。綺麗な公園だし、散歩には良いですね。彼らが景色を見ているかどうかは分からないけど。


建築のデザインもなかなか素敵です。遠くに見えるご老人お二人はポケモンハントを楽しんでいるご様子でした。


こちらの方はリアルな釣りを楽しんでいらしゃるご様子(遠くて見えないか)。