イギリス生活:ケンブリッジの韓国系スーパー、Seoul Plazaに行ってきた

ケンブリッジで日本食材のお買い物

日本のものも売っているという噂の韓国系スーパーSeoul Plaza

年始に外観だけは確認したSeoul Plazaに行ってきた。仕事をしてからだったので、ラボから歩いてAddenbrooke’s Hospitalのバス停に向かい、そこから2番のバスを使った。ソウルプラザのあるMill Roadを通るバスは2番だけみたい。

Seoul Plazaの中は・・・

さて、ソウルプラザであるが、韓国系も、中華系も、日本系も置いてあるということで、ある程度大きい店なのかと思って入店したのだが・・・思っていたより小さい。ダブリンの韓国系スーパーの4分の1とか5分の1とか、そんなものだろうか?何もない、というわけでもないが、充実しているという感じはなかった。と言いながら、醤油だの、味噌だの買ってきたわけだけれど。ある中国人に聞いたら、やっぱりSeoul Plazaで買い物をすると言っていたので、他の中華系スーパーは中華系に関してすらSeoul Plazaに遅れをとる可能性が高い。ということは、ケンブリッジで日中韓系の充実した食材を求めるのは困難であると思われる。アクセスしやすい場所というわけでもないし、頻繁に利用するのは難しいかもしれない。特に、重いものを抱えてバスであそこからバスで帰ってくるというのは、ちょっと・・・と思ってしまう。ダブリンの頃は、お米を担いでバスで遠くの自宅までせっせと帰ったものだが。歳だからかな。

ネットを調べると・・・

UKの中で日系の食材を通販している店というのは存在する(リンクのお店以外にも数件ありそう)。送料も思ったほど高くない。バス代と無駄な時間と労力を引き算すれば余裕でお釣りが来そうな感じ。ご利用は計画的にしなければならないが、Seoul Plazaにしても簡単にアクセスできる場所では無いだけに、ネットで買ってもそんなに変わりがないんじゃないかというのが今のところの結論である。残念ではありますが・・・。


買ってきた醤油、オイスターソース、ごま油を使って、イギリスに来て初めて料理らしい料理を作った。チンゲン菜は近くのTescoに売っていた。中国の皆さんのお陰であろうと思われる。まあ、迷惑することもあるが、チンゲン菜好きの私は、彼らの生命力のお陰でこうしてイギリスでも滞りなくチンゲン菜を食べられるわけで、有り難いことである。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

調子良くいかない