イギリス生活:オーブントースター購入


土曜日、実験を少しする予定であったのだけれど、その前に、2週間ほど前にargosで買ったトースターを返品し、別のトースターを買ってきた。今の家にはトースターが無い。これまでの3週間弱は電子レンジのオーブン機能を利用して凌いで来たのだが、それだと温まるが焼けない上に時間がかかるので、やはりトースターが必要。

こちらでは、トースターと言えばオーブントースターではなく、焼けたらトーストが飛び出してくるタイプのものが圧倒的に多い。トーストを焼くだけならそれで十分だなと思って安いトースターを買ったのだが、それだと他の料理に使えないという相方の意見に折れ(まあ、もっともだし)返品することにした。しかしまあ、トーストが飛び出してくるタイプのトースターの方が圧倒的に選択肢が多く、かつ、デザインがオシャレである (様々なメーカーから発売されていて、レトロな感じのとか、色が可愛いとか、ホント色々ある)。返品したものもなかなか可愛らしいなと思いながら買ったので残念であった。
 
買い直してきたものは、機能的ではあるのだろうが、何の愛嬌も無い・・・(argosではオーブントースターはこれ一択)。約28ポンド。
 
実用性と愛嬌の両方を求める需要というのもあると思うのだが、電機メーカーは気にしてくれないんですかね?日本の製品を見てみると、ちょっと可愛いオーブントースターが売ってるな、と思ったのだが、高い。そこだよ、日本メーカー・・・。と思うが、日本の家電メーカーにお勤めの方が、当ブログをチェックしていることはないだろう。

argosに行くのはアイルランド以来。システムは以前と変わっておらず、カタログ又は端末で商品の番号を調べ、番号をレジに持っていって支払いをし、商品が出てくる。一つ変わっていたのは、セルフで支払いが出来る端末が導入されていたことくらい。argosのクーポンを事前に買っていって購入したのだけれど、セルフの端末ではクーポン利用が出来ないようだった。店員もクーポンの取扱いになれてない感じだったので、それほど利用する人がいないのかもしれない(大学のサイトでクーポンを購入すると8%の割引が得られたので買っていったのだけれど)。いずれにしろ、クーポンを利用するのなら、予めネットから支払いをしたほうが良いかもしれない。

argosの近くにあるcurrys/PC worldも覗いてみたが、こちらでもオーブントースターは全く売られていなかった。他のコーナーもぶらぶらしてみたが、どのコーナーもサムソンの存在感が強い(サムソンのトースターは無かったけど)。冷蔵庫コーナーには日本の製品は一つも無く、喋る冷蔵庫とか日本国内向けだけのために作っているんだろうか?サムソンの最上位の冷蔵庫にはテスラか?ってくらいのタッチパネルが搭載されていて、きっと日本の喋る冷蔵庫的な機能が搭載されているものと思われた(が、触ってない。店員が暇そうにウロウロしていたので、買うと思われると困るのだ)。

買ったものを持ってくる際に、そんなに大きくも無いし自分で運べるだろうと店を出たのだが、大きな間違いだった。返品したものはよりサイズが小さかかったので良かったが、今回買ったのはややサイズが大きく、持って返ってくるのに非常に苦労した。あまり調べもせずに、デリバリーしてもらうと受け取れないこともあるし、料金も高いだろうし・・・と思っていたのだが、argosのデリバリーは料金3.95ポンドで、何曜日でも配達してくれるらしい。しくじった。次回からは、デリバリーしてもらうようにしようと思う。

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

タンパクの小さいピークを見ながら、まあ確かにな・・・と思う