イギリス生活:片付け、買い物、自転車整備の日曜日


土曜日もごたごたと家の用事を済ませて過ごしていたが、日曜日もそれなりに家の用事をしていた。休日中にやらないと進まないことも多いから仕方がないのだけれど。

先週の月曜日に荷物を受け取ったものの、全く整理が進んでおらず、その中から子供の服を探し出すというミッションがあったので、ダンボールを少し整理。子供の服は見つかったが、あまり整理が進んだとは言えない。段ボール箱を片付けてしまえば半年以内にしようと思っている引っ越しが困難になるし、だからといって今のままでは生活が困難だし、頭の痛いところである。とにかくどこかにスペースを確保しないと。

週末は買い物にも出かけないといけない。家族が来たら絶対ネットで買うようにするのだ、と思うのだが、やはり一人生活では必要なものも少ないし、もったいない。第一、受取が困難だし。日曜日も強風であったが、大きいtescoが閉まる前に出かけて買い物を済ませた。4時にしまってしまうというのも、日が高い内に出かけるモチベーションを高めるには良いシステムだろうか?

そして自転車の整備である。自転車は中古で買ったのだが、ただでさえボロいのに、それに加えて恐ろしく汚かった。一部苔が生えてるみたいになってたし・・・。最近はあまり使用されず、屋外に放置されていたものを、要らねえし売るか?という感じで売りに出したのだろうと思われる。世間の様子を見ていると、屋外で自転車を保管するのは珍しくないことのように思われるが、売る前にもうちょっと掃除してくればいいのに・・・と思ったり思わなかったり。まあ、掃除しなくても買うやつがいるんだから(私)別にそんな面倒な事をする必要は無いということか。
自転車の掃除だが、かなり頑固に砂だの泥だのがこびりつき、ギア周りとか、チェーンとかも油汚れが的悪ついている感じでちょっとやそっとでは落ちそうになかった。なので、仕方がないので(やってみたかっただけという噂もあるが)自転車屋で自転車専用の掃除道具を何点か購入して掃除を執り行った。
まずは、こちら、ディグリーザーと呼ばれる液体。


要するに、チェーンとかギアの油を落とすための液体なのだが、これが効果覿面で、かけて暫く置いておくと、キレイに油が浮き出してきた。
そこで、登場するのがこれ。


自転車の各パーツを掃除するために設計されたブラシ。浮き出た油汚れはもちろん、ギアの間とかで固まってしまった泥とかも、これでゴリゴリやるとキレイに取れてきた。気持ちいい。
その後、普通のall purpose cleanerを吹きかけ(これが正しいのかわからないが、soapy waterで洗えとあったので、まあ、良いかな?と)水で流して洗浄は終了。

これだけだと油がなくなってギシギシしてしまうので、潤滑油を注して仕上げ。使ったのはこちら。


雨の多いこの国では、やはりウェットコンディションにあったものが良いのだろう。

全てイギリスで買っているので、日本で買うよりも遥かにお手頃価格(wet lubeとか、日本で同じものを買うと高すぎる・・)。日本には日本製のいい製品があるんだろうな。

しかし、自転車の整備なんて生まれてこの方したことが無かったが、駄目なものをそれなりに整備して乗るというのは結構私の好みに適っているのもあり、なかなか楽しかった。自動車だとやりたくてもある程度のことしか出来ないが、自転車ならもっと色んな事ができるんだろうな。もうちょっといい自転車を買って整備を極めていきたい気がしないこともないが(乗る方じゃないんだ?)、今のところは今の自転車で十分かな(というか引っ越し貧乏なので買うお金も無いわけだが)。整備の後はギシギシ感もなくなって快適だし、やった甲斐がある。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???