なんかそれはずるい


ヨーロッパに戻ってきたことだし、なんだか今年から速くなるらしいし、久々に観ますか?と思いながら、F1シーズン到来のニュースを少しずつ追っている。
日本人ドライバーはいないので、日本人としては、ホンダ頑張れ、ということになる。しかし、どうも雲行きは怪しそうである。マクラーレン1チームにだけ供給しているエンジンは、予想外の振動が原因で不調。テストで走行距離を稼げず、オーストラリアでぶっつけ本番みたいな状況。まあ、それは仕方がないのかも知れないが、気になるのはガチャガチャ言っているマクラーレン関係者。
不覚にも、一瞬、ホンダしっかりしろよ、と思ってしまったのだが、考えてみるとエンジン載せて速く走れてなんぼなわけで、ホンダのパワーユニットが悪い、と彼らがいう根拠は何処にもないように見える。シャシーは良いんだけど(マクラーレンが開発)、エンジンが(ホンダが開発して供給)・・・って、どうやってシャシーは良いというジャッジをしているのだろう?確かに、止まったのはエンジンだが、止まる原因をエンジンだけに求めるのはチームとは言えないよな。ホンダのエンジン供給先が1チームなので、マクラーレンとしてはこういう物言いを手放しで出来るわけだけれど、そいうことをする連中の根性って一体?と思うのである。元々マクラーレンってなんとはなしに嫌いなのだが(アロンソも嫌い)、なんとかして鼻を明かしてやれないかと考えてしまう(何が出来るわけでもないのだけれど)。彼らがホンダからメルセデスにでも乗り換えて、やっぱりダメで、残念でしたね(あはははは)、というのがネガティブな解消法だが、それはあまりに悔しいな。今年はとにかく耐えてなんとかするしか無いのだろうが、撤退とかじゃなくて、むしろエンジン供給先を増やすか、やっぱりエンジン供給だけでは難しいから、前回のように車体も一緒にやるようにして勝ってくれたらな、と思ってしまう。
ともかくさ、頑張ってください。

コメント

人気の投稿