研究生活:つねに逆風


どうもイギリス生活では、毎日常にどこかで逆風が吹いているような気がする(事実としても比喩としても)。全て逆風というわけではないのだが。

本日、水曜日は朝から怪しげな天気であったが、風は昨日よりはマシであった。とは言え、風車は勢い良く回っていたが。今日はこっちの逆風はそれほどではなかったのだが、事務方の処理で問題が発生して、比喩的な逆風が吹いていた。そういうのは落ち着いたと思っていたのだけれど・・・。少年漫画であれば、どんな逆風も読み切って突き進んで行くのだろうが、現実世界では風を読むのが困難である。通勤経路でも、仕事上も、常に逆風にさらされているわけでもないから、地道に対処していくしか無いのだろう。とりあえず、今日の事務処理問題は大過なく終わることを祈りたい。

今日、先週注文した試薬が今日届いた。発泡スチロールに入れられ、保冷剤が同梱されて送られてきたそれは、CHAPS(界面活性剤。室温保存)であった。意味不明である。何かの嫌がらせか、受けを狙っているのか?同じ業者に注文した抗生物質(要冷蔵)がまだ届いてないのだが、そちらが室温で届かないと良いのだけれど。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???