ニュース:金の問題じゃない。特に1000円という問題じゃない。


DeNAのキュレーションサイトの盗用問題はあいかわらず収まってないようですね。少し前にMERYというDeNAのキュレーションサイトの社員が、我々はちゃんと仕事をしていたのに悔しい、というような事を訴えていて、”ああ、そうなんだ。巻き添えを食ってかわいそうにねえ”と素直に思っていたのだが、お前んとこもやってたんかい?という記事がでてきた。結局、程度の差とか、社会的な影響とかの違いはあれ(医療系と女性向けサイトでは、重さは違うだろう)、どいつもこいつも同じような事をしていて、なんなら反省すらしてないMeryの社員の方がたちが悪いんじゃないか?くらいの気分になっている。

これはmeryに限った話では無く、DeNAの全てのキュレーションサイトの話だが、登用した相手に、言ってくれたら迷惑料1000円って・・・巷で炎上しているように、確かに、馬鹿にされているとしか思えないだろう。もし、迷惑をかけた相手に、びっくりするくらいの慰謝料を出せるのであれば、金で・・・というのもありなのかもしれない。もしくは、ネット上での画像掲載料を適切に計算した上で、ビジネスライクに使用料を支払うというのであれば、意外と静かに話は収まったのかもしれない。しかし、そうでないなら、金で解決はないだろう。じゃあいくらだったら良かったんですか?と発さなければならなくなった時点で負けである。
こういう話、ベネッセが会員情報を流出した際にもあったと思うが(500円でしたっけ?)なんで、その解決はありえないということに思いが至らないのか不思議で仕方がない(あ、でも、2倍払ってるか・・・)。自称意識高いあなた達の意識が本当に高いんだったら、そんなもんすぐに分かりそうなものである(ていうか、直近に失敗例があるんだから、どういうことになるかくらい歴史から学ぶべきだろう)。
こういう対応を見ていると、やっちまうからには、やっちまうだけのバックグラウンドがあり、存続する価値も無いのだろうな、と改めて思うのだ。

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

タンパクの小さいピークを見ながら、まあ確かにな・・・と思う