イギリス生活:仕事控えめ、ちょっと散歩の土曜日


今日もやはりラボに出かけていった。が、仕事は控えめ。日曜日も同様に控えめに仕事という感じで行こうと思う。

早めに帰ってきて、買い物を済ませ、近所を探索。近場に公園は無いのかと歩いていると、レクリエーション・グラウンドという看板を発見。駐車場があるのだが、ちょっと歩いても何もない・・・。昔あったってこと?と不安になりながら更に進むと・・・
ありました。
芝生、遊具、サッカーのゴール。イギリスでよく見かける公園です。周りが生け垣で覆われていたので遠くからはわかりませんでしたが、ちゃんと整備されている様子。





中に入って行くと犬を連れた女子高生風情の二人連れがいて、犬が駆け寄ってきて吠えまくり・・・。まあ、女子高生なんで、そんなことがあってもゴメンナサイも挨拶も無く、私は取り敢えず苦笑い。タダで吠えられるのも嫌なので、写真だけ撮らせてもらいました。尻尾は振っていたので、遊んでくれということなんだと思うのだけれど、どうも信用できない。うるさく吠える小型犬は苦手です(愛想の無い女子高生も苦手です)。この犬もビリーと呼ばれていた。猫ノ介の本名もビリーなのだが、ペットにビリーはよくあるのでしょうか?

そこを出てもう少し散歩して帰宅。近場に公園があったのは良かったけど(google mapには何も書いてない)、人っ子一人いないようだと相方と子供だけでは心配なので、平日の朝とかには人がいることを願っているのだが、さてどうだろう。まあ、一度平日にも行ってみますか。





どの写真も家の近所なのですが、何処の田舎ですか?という感じですね。

コメント

  1. こっくりとした色合いに撮れ、レンズのボケもシャープさも申し分ないよいカメラを購入されましたね。生活されている場所も素晴らしい。早くご家族が来られるといいですね。

    返信削除
  2. 経験者にそう言ってもらえると心強いです。
    来週末には家族を迎えに日本に行ってきます。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???