イギリス生活:続・Marmite


本日もまたMarmiteを試してみた。今度はバターを塗ってから。確かにこちらの方が美味しいように感じる。
しかし、蓋を開けた際のあのLB臭(*LBは大腸菌を培養する際に使われる一般的な培地)はなんとも言えない。
イギリス人はこれを朝食に食べるらしいが、朝食ってのはどうだろうね?という気はする。味的には、日本酒のあてになりそうな感じがしていて、したがって私としては、夜、お酒と一緒に、というイメージの味。一方で、日本酒以外のどんな酒類にも合わないような気がするのは不思議なところ。ただ、あてにするならパンじゃないよなあ・・・と思うのだが、そのまま食べる以外に良い方法を今のところ思いつかない。

ところで、先日買った珈琲だけれど、なかなかいい感じ。少し酸味があって、甘みと苦味とが私の好きなバランス。Congo、侮れない。hot numbersを教えてくれた学生さんに言ってみたところ、彼女はアメリカなどにありがちな苦いコーヒーが好みらしい。世間では、やはりあの苦い感じのコーヒーが好きな人が多いから、あの味が一般的になっているということなんだろうか?好みの味を知らない、という人もいるのかもしれないけど、そういう人は、是非是非色んな銘柄の珈琲を試して、自分の好きな味を見つけてもらいたいものだと思う。サードウェーブの波に乗っかっても、ただただ流行りに乗ってるだけでは、なんだかなって感じだし。 
 
歳をとってくると、意外と食品に興味を持っている自分に気づいたりする。酒であったり、珈琲であったりするが、職業選択を考えるような段階では、そんなものに興味があるとは思っていなかった。そういう自分を早い段階から見抜く人々もいるのだろうが、高校生くらいで嗜好を見極めるって、難しいよな、とオジサンは思う(酒、飲めないし)。今、進学する大学の学部を選べと言われたら、間違いなく農学部が上位に来るだろう。
 
 

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???