一時帰国4:ビザが来ない


ビザの申請に東京のビザセンターに行ってもらったのは4月12日。前回、私が申請した時は1週間程度で届いたし、余裕でしょう?と思っていたのですが、考えてみればこの時期はイギリス的にはイースターホリデーのシーズンであり、日本的にはゴールデンウィーク。受け取り担当の日本側と、審査担当のイギリス側が入れ違いに休むことになり、ビザの審査に時間がかかるかも・・・・という気はしていました。
不安だったので、私がイギリスを離れる前、4月28日の時点で審査の状況を質問すると、審査は終了し、数日以内に発送予定とのこと。ああ、何とかなりそうかな・・・と思いながら帰国したのでした。

が・・・・

5月1日、5月2日、5月3日と指折り数えるように発送の連絡を待っても、いっこうにビザが送られてくる気配はありません。審査はマニラで行われ、発送は東京のビザセンターが担当するので、ビザセンターが休みに入ってしまうと、発送が行われることはもちろん無いわけです。ビザセンターのホリデースケジュールを確認すると、5月3日まで営業して、5月4日、5日は休日とのこと。我々の出発は5月9日の午前。5月3日にメールが無かった時点で、ほぼ”終わった”という気分になりました。

ここでビザを無事に受け取って3人でイギリスに戻ることが出来る可能性として考えられるのは、
何かの間違いで休日にビザセンターから発送される
何かの間違いで届くのが遅れている(トラッキングナンバーを持っているので、そんなことはほぼありえない)
何かの間違いで投函当日に届けられる
という殆どありえない可能性と、唯一現実的な可能性として、
5月8日、月曜日に投函され、それが順調に茨城の妻の実家のある某市の郵便局に9日の早朝に到着し、心優しい郵便局員の方の超法規的な措置によって、時間外にビザを受取、何とか飛行機の時間に滑り込むというものでした。
ここからまた長い話になるので、次回以降に持ち越します(つづく)。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???