最近の仕事


なんだか最近生活の話ばかりになっていますが、仕事もボチボチと始めています。一時帰国で中断されたので、色々と準備に時間がかかってプログレスが無いのが辛いところです。

帰ってきて、まずはcodon optimizeされたDNAを注文しました(ヒトのタンパクを発現させようとしても、大腸菌のコドンとヒトのコドンでは使用頻度が違うので、コドンの使い方が原因で発現しないことがあるので、それを修正してDNAを合成してくれるサービス)。かなりでかいタンパクですが、それでも1000ドル強とかで合成できてしまうのはすごい(今回注文した会社は割引期間中で、20%オフ。と、言っても、やっぱりある程度お金がないと使えないですよね。)一応大腸菌と昆虫細胞両方のコドンにオプティマイズされるという設定で注文しました。コドンオプティマイズだけでうまくいっている例も見かけるので、すんなりと行けばいいのですが、できてくるのを待つ間にコンストラクトをもう少し検討するつもり。codon optimizeの見積もりをとるとレポートが送られてくるのだけれど、それだけみたら発現しないでしょ?みたいに見える。実際のところどの程度効果があるんだろう?もちろん、コドンだけの問題ではないのだけれど。

codon optimizeのDNAを待つ間、少ないとは言え発現するタンパクに関して発現精製。今回はもう1ステップ加えてキレイに精製できてこないかな?というところです。

別のプロジェクトに関しては、別の昆虫細胞が良いのでは?ということで、そちらの細胞の培養をはじめました。昆虫細胞自体に慣れてないのだけれど、何だかんだ言って大腸菌では難しいと言うものも多いし、昆虫細胞の発現系は一般化しているのでなれておきたいところ(しかし、細胞の種類だの培地の種類だの色々とあるものですね。考えてみれば大腸菌でも同じなのだけれど、なれてないと、何でも面倒に感じて手が動かなくなる)。上のタンパクたちに関しても、いずれは昆虫細胞の系に移行するかもしれないし。昆虫細胞&共発現の系も検討していく予定です。

コメント

人気の投稿