イギリス生活:初めてネットスーパーを利用、Ocado


家族と合流してから初めてスーパーマーケットに買い物にでかけて、(その前から難しいだろうなとは思っていたけれど)やはり自転車生活で3人分の食材を買いに行くのは難しいと感じた私。早速、ネットスーパーを利用することにしました。

イギリスでは結構色んなスーパーがネット事業に取り組んでいて、普及率は世界一だというはなしです。以前どこかの新聞がアンケートを取っていたのですが、そのなかでもocadoというネット専業のスーパーが満足度が高いということでした。ということで、(私にしては珍しく)ここは素直にocadoを利用することにしました。街をぷらぷらしていても、ocadoと書いてあるトラックは非常によくみかけるので、以前から気になっていたというのもありました。

日本ではそんなに普及しているとは思えませんが、イギリスでは何でそんなにネットスーパーが流行るのかと考えると・・・アメリカとか日本ほどある程度の規模のスーパーが家の近所に無い、とか、何だかんだ言って車がないと買い物が大変、とか、買い物に行く時間がない、とか、なのではないだろうかと推察します。

さて、ocadoの利用方法ですが、アカウントを作って、商品を選び、配送時間を指定し(翌日の配送が可能、夜間も配送してくれる)、クレジットカードで支払い、という流れ。ただし、ocadoの場合は、40ポンド以上の買い物をしないと購入できません。最低購入額などの基準はそれぞれのネットスーパー毎に違うようです。ちなみに、ocadoの場合、初回80ポンド以上の購入で20ポンドバックという特典があるので、いろんなものを買って基準額以上を購入しました。

配送日、SMSで連絡があり、幾つかの商品は欠品であるという連絡が届きました。商品を選ぶ時点でout of stockという商品もあり、それらを購入することはできないのですが、それでも尚当日になって欠品が発覚するということもあるようです。しかも、数点無かったんですよね・・・・。ちょっと困りますが、まあ、仕方がない。

配送は少し遅れて到着しましたが、遅れますよ、という連絡もくれて、お兄ちゃんも感じのいい人で、取り敢えず好印象でした。冷凍品(アイス)も購入しましたが、問題なく届けられ、すごいもんですな、と思った次第です。水だの牛乳だの結構重いものも頼めるわけで、これは有り難い。スーパーをブラブラしながら食材を選ぶ、というのも楽しいのでしょうが、車もないし、スーパーも歩いて行くにはちょっと遠いし、という事情を考えると、ネットスーパーという選択肢は大いにありだなと思うのでした。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???