イギリス生活:落とし物


短い間隔で落とし物をしました。私のものではなくて、相方のものなのだけれど、一度は私も一緒にいて、もう一回は相方と子供だけの時。何故か同じユニクロのパーカー。

一度目は、バスでMill road付近のお宅に自転車を見に行った際。やることは終わって、昼ごはんを食べている最中に相方が気づき、私が探しに行くことに。何処で落としたという手がかりがあるわけでもなく、ただひたすら来た道をたどるという探索。そんなん見つかるんかいね?と思いながら買ったばかりの中古自転車に乗ってブラブラと道を走っていると・・・あった。500メートルも行かないくらいであっという間に見つかってしまった。誰かが生け垣のところに置いてくれていたようでした。

さて、2度目。相方が近所のチャペルで育児快適なものに参加した際に落としたとのこと。これも、何処で落としたという手がかりがあるわけではなく、今回は自分は同行していないので経路も口頭で聞いたものをたどることになる。今度こそ見つからないんじゃないですか?と思ったのだけれど、一応探索してみると・・・・あった。今回もだれかが道路脇の柵にかけてくれていて、意外とすんなりと見つかった。

ちゃんと踏まれないところにかけてくれているというのが何とも優しいなあと思う。イギリスも捨てたものではないですね。

コメント

人気の投稿