イギリス生活:イギリスの免許証


本日も相変わらず強風が残っていましたが、日中は雨は降っていなくて、取り敢えず助かりました。

話は変わりますが、雨が降っていた昨日、雨の中、通勤途中郵便局に寄って郵便を出しました。送り先はロンドンの日本大使館。「自動車運転免許証抜粋証明書」を発行してもらうためです。この長い名前の証明書は、日本の免許証をイギリスの免許証に切り替えるために必要な書類です。来るまで知りませんでしたが、日本とイギリスの間では免許の切り替えが可能なのです。とは言っても、切り替えてしまうと日本の免許証がなくなるわけで、それはそれで不便なのですが、(私、勘違いしてました、日本の免許証は数カ月後に日本の大使館に返ってくるそうです。それを受け取れます。返ってきた免許証が大使館で留め置かれるのと思ってました・・・。私の場合は、返ってきた頃には有効期限が切れているので、あまり意味は無いとは思いますが)私は日本の免許の切り替えが2ヶ月半後に迫っているのにも関わらず、日本で更新の手続きをしてこなかったので(前倒しで切り替えられるらしいのだけれど、しらなかった)という理由もあって、夏にまた日本に帰国するなんてとんでもないし、イギリスの免許に切り替えることにしました。



必要な手続きに関しては大使館のHPに詳しく書いてあるので見ていただくとして、取り敢えず申請書と免許証、それからパスポートのコピーを同封して大使館に送りました。届くと電話で連絡があるとのことでしたが、早速電話があり(留守番電話にメッセージを残してくれてあって)、無事に届いたとのこと。証明書の受取は金曜日以降で、ということでした。受取の際は大使館まで行かないといけないのがちょっと億劫ですが、まあ、でも、仕方ないですよね。半休をもらってロンドンまで受取に行ってこようと思います。

ちなみに、大使館のHPによれば、英国では渡航後1年間は”日本の免許証で”運転することもできるんだそうで、国際免許証を取得する必要すらないみたいです。ただ、レンタカー会社によっては免許の英訳を求められるということなので、国際免許証を持ってきたほうが気楽なのだろうけど。

しかし、切り替えられるって、流石は左側通行仲間というところなんでしょうかね?

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

タンパクの小さいピークを見ながら、まあ確かにな・・・と思う