イギリス生活:奇縁


風邪気味、だと思っていたのですが、風邪の諸症状、というよりは、喉中心の症状にとどまっているので、これは扁桃腺の腫れかなあ。扁桃腺、ここのところよく腫れる気がする。病院に行って抗生物質を貰うのが良いのかもしれないけれど、まだGPの番号が来てないしなあ・・・。

そんな体調ではありますが、ケンブリッジ情報交換掲示板で売られていたある品物を購入しようと昨日連絡をとってみました。今日返事をいただけたのですが、どこかで見たことがあるようなお名前。ああ、確か前の研究所にいた時に出会った日本人の方がそんな名前だったような。そうそう、あの人イギリスに移ったんだったよな、と思い、ちょっと検索してみると、その方が移った研究所はケンブリッジではないものの近郊の某街にありました。やはり名前も記憶どおりで、それほど頻度の高い名前でもない。何らかの事情でケンブリッジに住んで通勤していらっしゃるのかな?と、推測。もしかして・・・とメールしてみると、やはり思っていた方であるとのことでした。世間は狭いですね、という話、なんでしょうかね?

こういうことは時々あって、ああ、世界は繋がってるなあ、とか思ったりもします(アイルランドの時に、下の階のラボにやってきた日本人が高校の同級生だったのは一番驚きましたが)。それで特にどうなるってわけでもないんですけどね。

何かのご縁なので、どこかでビールでも、と誘ってみようかなとは思いますが、どうなるでしょう?

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???