イギリス生活:初パンティング


ケム川で観光客がしている船遊びの事をパンティング(punting)というそうですが、今日、初めてのパンティング体験をしました。ちなみに、使っているボートをpuntといい、puntを使ったボート遊びがpuntingということのようです。

特に何の理由も無いのだと思いますが、突然パンティングに行こう、といい出した学生さんがいて、そちら主導でラボのみんな(PI含む)で出かけることに。

川を眺めていると、プロの船頭さんが観光客を乗せて操作している船と、いかにも素人といった感じのひとが操作している船を見かけますが、我々は船を借りて自分たちで操船するというオプションを選択。まさか自分たちで操船するとは思わずに出かけていったので、落ちたときの備えをしておらず、今回は操船の方は遠慮することにしました。一人に任してしまって申し訳なかったのだけれど・・・。見ていると、船尾に立って長い棒を使って川底をついて船を進めなければならず、結構体力も使いそうだし、バランスを取るのも難しそうだし、私には心の準備が必要かなというかんじでした。

この前我々が訪問したダーウィンカレッジの前辺りからスタートして、かなり南の方まで行きました。途中、木が倒れて川に横たわっていてなかなか通り難いところなどもあったのですが、それもまた一興なのでしょう。

空は曇っていて、風も強く吹いていたので、パンティング日和とは言いがたかったけれど、なかなか楽しい体験でした。今度は自分で操船してみたいかな、と(今は)思っています。

曇っていて、ライティング的にはいい感じで、なかなか素敵な写真が撮れました。 

コメント

人気の投稿