イギリス生活:ああ、そう言えば


一人介せば皆知り合い、という噂の業界ですが、そう言えば、という繋がりをまた見つけました。

アイルランドで大学院生をしていた頃、ポルトガルから来ていたTさんのラボ主催のX線の勉強会にポルトガルまで出かけていったことがありました。宿舎では毎日テーブルにワインが用意されるという素敵な勉強会だったけれど、その勉強会で同室だった人はケンブリッジで学生をしているというポルトガル人でした。それ以降連絡を取り合っていたわけではないのだけれど、一応フェイスブック上では友達になっています。

この前、日本人ランチで初めてまともに会話をしたOさん。同じく日本人会の参加者のSさんとOさんがfacebookで友だちになっているのを見かけて、Sさんに友達申請を送ってみると、何故か共通の友達が2人になっている。そう、前述のポルトガル人とも友達なのです。というのを見て考えてみると、そう言えば、ポルトガルの勉強会の時、ケンブリッジに日本人の友だちがいて・・・・と言うような話を聞いて、ケンブリッジに留学するなんてスゲーなー、X線やってる人でも色んな人がいるもんだ、と思っていた記憶があります。ああ、あれがつまりOさんだったのだろうな。まあ、いい加減な記憶なので、捏造されている可能性も無いわけではないけれど、しかしまあ、世間は狭いな、と今日もまた思うのでした。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:日本人忘年会