イギリス生活:(多分)coot


昨日の公園、色んな所で写真を撮ったのですが、その中の一枚をよくよく見ていたら、そこに写っている鳥は、多分coot。和名は大鷭(オオバン)というらしい。日本に生息している事自体知らなかったのだけれど・・・。
 
この鳥、構造生物業界では非常に有名。なぜなら、タンパクの構造解析をしていると誰でも使うことになるようなソフトウェアの名前になっているから。
この前のパンティングのときにも見かけたのですが、上手く写真を撮ることができませんでした。まあ、頻繁に見かけるということはそんなに珍しい鳥でもないのかもしれないけれど、取り敢えず本物のcootを見て写真を撮れるとなんだか嬉しいな、という感じ。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:日本人忘年会