ニュース:ノーベル化学賞


風邪をひいてへばっていましたが、月曜日に一日休んで火曜日から復帰しました。未だちょっとつらい。

そんな水曜日。ビッグニュースが研究所に飛び込んできました。今年のノーベル化学賞にMRC-LMBに長年在籍して研究を続けるRichard Henderson氏が選ばれたとのこと。受賞理由は電子顕微鏡による生体物質の高分解能構造解析への貢献。構造関係の受賞ということもあり(電顕を使っているというのもあり)、うちのラボでも大いに盛り上がっていました。
ご本人もケンブリッジにいらしゃったようで(待ち構えていたのでしょうね)、インタビューなんかも研究所内で行われているのが中継されていました。
夕方には研究所のみなさんが集まってシャンパントースト。

スマホのカメラしか無いのが残念でしたが、比較的”いい場所”を確保して写真撮影。研究所からの受賞者3人の揃い踏みを捉えることが出来ました。 
左からVenki Ramakrishnan(2009年受賞)、Richard Henderson(2017年受賞決定)、John Walker(1997年受賞)
 
 ノーベル賞学者がノーベル賞受賞決定者の写真を撮るという光景がなかなかおもしろかったです。
 
なにはともあれ、おめでとうございます。

コメント

人気の投稿