イギリス生活:暗闇でパンク


ここのところ寒いし、日は短いし、曇ってるし、なんだか気分もどんよりしてきます。

そんな中、自転車をこいで家に帰るのですが、真っ暗な公園の真ん中で突然”シューーー”という音が。しばらくすると段々とペダルが重くなってきました。どうやら後輪のタイヤがパンクした模様。暗すぎてわからないけれど、何かを踏んだものと思われます。

そのまま自転車を押して自宅まで戻ろうかとも思ったのですが、戻ったところで自転車屋が近所に有るわけでもないので、近くに自転車置き場を見つけ、バスで帰ることにしました。

しかし夜も遅くなると(大して遅くないのだけれど)最寄りのバスの本数は激減し、30分に一本。待つだろうなあ・・・と思いながらバス停に歩いていくと、向こうの方からバスがやってくるではありませんが。無事にそのバスに乗り込みなんとか帰ってくることが出来ました。バスのタイミングが良かったのは不幸中の幸いでした。 明日は朝から自転車屋。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???