研究生活:なかなか一筋縄ではいかない


肋骨の具合は大分良くなってきたが、代わりに風邪の症状で体が重い。いったいいつになったら通常モードにもどれるのだろう?

タンパクのお試し精製やらウエスタンやらをして過ごしている。クリスマス休暇を考えると、今週から新たなタンパク精製を始めるわけにはいかないので、余ったサンプルを使ってできることをするといった感じ。このラボに来て初めてウエスタンをしたのだけれど、メンブレンへの転写にわずか8分というiBotというシステム、素晴らしい。なんで前ラボでは(お金はあったはずなのに)あんなにのんびりウェスタンをやっていたのか?まあ、でも、律速は他のところにあるかもしれないから、そこにお金をかけても仕方がないという判断だろうか?
ウエスタンの結果、取り敢えず取れてきているはずのコンプレックスが取れてきているのはわかったけど、そのプロファイルは予想外。stoichiometryが予想とは違うのだろうけど・・・。
先週は、取り敢えず再現性良くサンプルが取れてきていたので(量は少ないけど)、このままうまくいくかと思っていたけれど、まだまだ色々とありそう(書けないけど)。まあ、その辺は休み明けということで。

コメント

人気の投稿