イギリス生活:髪を切ってもらう


土曜日は、髪を切ってもらうためにBar Hillの美容師さんのところへ。かなり伸びていたので切っていただいてスッキリしました。どうもありがとうございました。流石に今回は肋骨の痛みがあるためバスで。
バスの一日券を買ってしまったので、貧乏性な私としてはもう一箇所くらい何処かに行かなければ、と思ってしまい、買い物のためにSeoul Plazaへ。少なくなっていた米や味噌を買うとともに、なんか正月らしいもの、と思って行ったのだけれど、蒲鉾も、ごぼうも、数の子もなく、レンコンと大根だけ買って帰ってきました。やはりサンディエゴとは勝手が違いすぎる。日系とは言わないけれど、せめて大きい中国系か韓国系のスーパーマーケットがあったらだいぶ違うんだろうけどなあ・・・(Seoul Plazaの大きさは、H-martの何十分の一かわからない)。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???