フォーマルディナーでお別れ会@クレアカレッジ


体調が悪いまま週末を迎えたけれど、週末を経てもやはり咳は治らない。まあ、病気に依って体がダルイとかが無いのは良いのだけれど、咳で夜中に起きることが多いので、それによって睡眠不足にはなっている。

今週は大変に気温が低くなるという予報なので、バス通勤にしようかなと思っている。火曜日、水曜日は雪も降る予報になっているのだが、それをまたずして月曜日から雪が降った。これは良くない予兆なのではと思われるが、さてどうなるか・・・。

そんなこんなで、トボトボ実験をしたいところだったのだけれど、月曜の夜には3月で日本に帰国される方々のお別れ会が催されるということで、そうもいかなかった。日本帰国中にメールチェックを怠っている間に、お別れ会はフォーマルディナー(フォーマルディナーについては、以前の記事をご参照ください)にて行われるという事になり、”ちゃんとした格好”をしていかないといけない。ラボでそんな格好をしていたら浮いてしまうので、一旦家に帰らねばならず、一旦帰ってからセンター近くのカレッジまで出かけるとなるとマジで時間がなかった(そして、フォーマルディナーはもちろん”時間厳守”なのであった)。

前回参加したフォーマルはロビンソンのものだった。今回はクレア。そして、3月の初めにラボでダウニングのフォーマルに参加する予定。カレッジ毎にフォーマルディナーの様子も違うようなので、そういう意味では楽しみなのだが、やはり平日にちゃんとした格好でディナーに参加するのは、ちょっと面倒くさい。

気温も低く、かなりテンション低めではあったがフォーマルディナーに参加。なんか凄く盛り上がっている人たちもいたが、私はいつものような会話に終止していた。パーティー的なものがどんどん苦手になっているような気がする・・・。

ディナー後、カレッジのバーに行って少し話していてから解散。が、出ようとすると、守衛のおじちゃんに、「このカレッジの人いないの?」とお小言を言われる。知り合いの知り合いみたいな人にアレンジを頼んだので、カレッジ所属の人は最初からいないのだった(フォーマルに参加するにはカレッジ所属の人の紹介が必須)。カレッジはある時間を過ぎると門を閉め、その門はカレッジ所属の人が持っている鍵がないとあけられないのである。なので、もしカレッジ所属の人が一緒にいない場合は、さっさと他の人と一緒に出たほうが懸命なようです。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

調子良くいかない