投稿

3月, 2018の投稿を表示しています

研究生活:精製とか新しいコンストラクトとか

今朝も予報通り朝から雨。なのでバス通勤。
早朝に仕事があったので、7時過ぎのバスに乗ったのだが、まだエンジンが温まってないせいか、しばらくヒーターが効いて無くてひどく寒かった。職場につく頃には大丈夫だったが。
職場に着いてから日本にいる相方とスカイプし、その後仕事。主な作業は”長い"精製。
可溶性タンパクの精製は、アフィニティして、イオン交換and/orゲルろ過して終了、みたいな定型があって、特に何の工夫もアイディアも必要なく、”次、これでしょ?”となることも多い。が、幸か不幸か、私の出会うタンパクたちはそれぞれに定型には合わず、ああでもない、こうでもないとやる必要に迫られており、楽しい限り(本当?)。同じようなタンパク群をやっていると、傾向みたいなものも見えてくるだろうから、そういうのがいいなあ、とだんだんと思い始めてはいるのだけれど、そういう仕事の仕方にはならないかもなあ。そんな(精製地獄みたいな)のはサイエンスじゃないと言われればそれまでだけど、そんなのをクリアしないとサイエンスにはたどり着けないのが構造生物だったり、生化学だったりするような気もしている。はい、無理だから次、という考えもあるだろうが、全然歯が立たなければそうだけど、なんとかなりそうな匂いがすると、ね。
精製は精製で愉しむとして、マスのデータを元に新たなコンストラクトも考える。こちらの方も、機能の分かっているドメインだけをやればいいというのなら話は違うのだろうが、そういうわけでもないしなあ・・・。しかしまあ、安定なタンパクがとれないと話しにならないので、取り敢えず一番長いところで切ることも考える。

ケンブリッジ生活:イースターの足音

火曜日は朝は雨だったのでバス通勤。
来週、家族が帰ってくる。一緒に母親も来る(来てもらう?)ので、休暇を頂きたいと恐る恐るボスにお願い(いつもながら、今更。別に何か他の人と絡む予定はないので、言うタイミングの問題、だと思っている)。文句を言われることはないけれど、前回の一時帰国から間が空いてないし、休む期間も比較的長いのでこちらとしては気が引ける。まあ、しかたがないのだけれど。その分、イースターの休み中は働く日が多くなりそう。休むことが問題ではなく、結果が出てないことが問題。
イースターが近づいてきて、どこそこはこの日はお休み、みたいな情報が入ってくる。昨年のブログを見返してみても書いてあったが、食堂は木曜の昼から休みらしく、うちのラボは昨年同様木曜日にグループミーティング、お昼はピザにしましょうというパターンらしい。メディアキッチンは木曜日にはもう動かないようで、それを知らずに夕方に培地を頼んだら、(翌日の配達は2時までなんだけど)水曜日までにできるからイースター前に手に入るよ、とのメール。ありがたい。そういうセクションの人が気が利くというのは大事ですね。

実験の方は、いい感じになってきたと思っていたサンプルだったけれど、まだまだだった。マスのデータも返ってきて、それをあわせて考えてみてわかったことは、問題はまだあるということか、そうでなければ、そもそも問題の本質はそこには無いということか、みたいな感じ(どんな感じ?)。しかし、やはり、余計なものは取り除かないと、意味のわからないことになるというのは大原則だと実感。少なくともロジカルに作戦が考えられる状態になったのは前進なような気がする。
ここで道は二股に分かれるが、取り敢えず両方試してみてうまくいきそうな方を追うという方向で。vitroではインタラクトするかどうかも分からないタンパクの相互作用を見ようとしているので(よくある、IPで一緒にいるのでインタラクトしてます!という論文ならある)、できるだけ長いコンストラクトが欲しいのだけれど、発現しない、または、発現したものが安定ではない、のでは話にならないので、全長を何とかする方向と、安定なところで切る方向を考える。どちらにしてもこのサンプルに関しては近々方向性を決めたい。
日本に帰国される人が来るかも知れないから今日は日本人会に参加しようと思ったのだが…

ケンブリッジ生活:夏時間スタート

イメージ
日曜日。起きるとなんだか寝足りない感じだけれど、いつもどおりの時間に日本にスカイプ。相方にいつもより早くないかと言われて今日から夏時間だったことに気づく。最近は携帯の時計が勝手に切り替わるので分からなかったりする。
日曜日は予定通り休むことにした。掃除したり、雑用をすませたり、散歩したり、といったところ。
散歩のために外に出ると意外と気温が高く、やっと春がやってきたかなという感じ。日差しのある時間帯は比較的良い気候で、花もそこかしこに咲いており、散歩日和だった。

研究生活:うまくいったか?

なんだか疲れていてしばらくブログをサボってしまいました。まあまあ忙しく過ごしておりました。
そんな一週間が終わった土曜日。土曜日もやはり仕事だったのだけれど、日曜は休みたいなと思ってちょっと長めに実験。と思ったら、ちょっとどころではなく長めになって、夜11時前に帰宅。まあまあ疲れたが、なんかそれほどでもないのは最近自転車で体力がついてきたせいかも?
実験はこれまでイマイチパッとしなかったタンパク精製。今回は大分精製法を組み替えた。結果、多分上手くいっているのではないかなと言う感じ。未だわからないけど。組み替えて一つ手順が増えた分だけちょっと時間がかかってしまった。
ちなみに、火曜日にお試しで発現させていたタンパクは精製してみたものの全然駄目だった。某翻訳後修飾を入れたらこのタンパクが安定化しないかなと言う試みだったが、そうはうまくいかない。
長い実験だったが、晩御飯を買ってきたりするのは面倒だったので、帰りにチキンを買ってきた。通勤ルートからはやや外れるのだけれど、chicken rush安いしそれなりに美味しかったので良いかも知れない。

ケンブリッジ生活:まだまだ忙しい火曜日

今日も寒かったが、昨日よりは気温も風もいくらかマシになった。ということで、自転車通勤だったのだが、なんだか疲れた。
昼過ぎ、変な覚醒状態になるが原因は不明。そのままのテンションでしばらく過ごすが、結局夕方くらいに息切れし、机で10分ほど仮眠。
タンパク精製は、きれいなサンプルがとれて良かった、と思ったら、ミスってサンプルをかなり失ってしまった。ゼロになったわけではないからやるべき実験くらいはできるだろうと思う。やはり変なテンションな時には気をつけないといけない(というか、変なテンションだから気をつけられないのだろうけど)。何はともあれ、このサンプルについては(涙が出そうなほど量は少ないが)発現と精製の条件は固まったっぽい(もう一度やってみないと油断はできないかも知れないが)のは嬉しい。
お試しのタンパク発現(大腸菌)は予定通りインダクション。18度オーバーナイトのいつものコース。
もう一つのタンパクについては新たな発現系の構築中。昨日からオーバーナイトで制限酵素処理をして、今日ライゲーション。昔のプライマーがあるからクラシカルな方法でやったけど、次からはギブソンアセンブリーにしようと思う。一人でやるには手が足りない。
今日もなかなか忙しい日でありました。

ケンブリッジ生活:忙しい月曜日

今朝は風く気温も低かったのだが、散々迷った挙げ句に自転車通勤にした。行きも帰りもそれなりに風が強くなる区間があるのだけれど、運動はしたほうが良いだろうし・・・ということで。途中、Nさんを見かけて手を振ってみたが、気づかれなかった模様。

さて実験。おとといかけたPCRを昨日泳動してみたが、ちょっと変な感じ。少し条件を変えて(2つサンプルがあったが、問題はそれぞれ違うとみた)PCRかけて今日泳動するとちゃんと増幅されていた。トラブルシュートできるのは良いが、一発で上手く行ったほうがもっと良いなと思う。
別のタンパクの精製も。もう少し量が取れればいいのに、と思うが、やはりいまいち。そういうものだと思ってやるしか無い。プルダウンできればそれでいいかなという感じ。
あとは、大腸菌をトランスフォームして別のタンパクの発現。2つのプラスミドを入れていて、その片方がちょっと違った趣向。うまくいくんか?やってみなければわからないので、取り敢えずやってみる。

朝から晩までセカセカと働いていたが、結局終わったのは7時半くらい。帰りも寒い上に強風で辛かった。でも、7時半に帰れるなんて幸せですね、と言われそう。そうなんだろう、きっと。

ケンブリッジ生活:相変わらず寒い日曜日

日曜日も半日ほど仕事をするためにラボへ。寒いし、風が強いのでバス通勤。Uバスは日曜日は走ってないので、バスを2本乗り継いだ。こういう時車があればなあ、と思うけど、こういうときくらいしか使わないのなら、要らないかなということになる。
最初は一人しかいなかったが、午後になると他の人もやってきて、意外と最近は日曜の午後にラボに来る人が多いらしい。  明日はもう少しだけ気温が上がりそうで、3度・・・寒すぎる。火曜日からはましになるみたいだけど。

ケンブリッジ生活:セント・パトリックスデーだった。

土曜日。今更雪の予報であったが、ほんとに雪が降り、最高気温ゼロ度、風強し、という天気であった。体感気温は−10度とかでていた。ほんとに寒かった。

が、なんとなく久々に土曜日にラボにでて実験。まあ、そんなにガツガツやるわけではないけど。大腸菌のトランスフォームとPCR。
自転車で通勤するにはあまりにも寒いので、途中までバス。そこから徒歩でラボまでやってきた。土曜日にUバスが駅より南まで運行されていないというのは不便だな。まあ、客がいないんだから仕方がないのだろうけれど。
いつもいるQさんは旅行中らしく、ラボは静かであった。近くのラボの人に、エチブロある?ってきかれたけど、多分無い。というかエチブロ、ずいぶん懐かしい響き。
帰りは6時過ぎになった。駅発のバスまでに20分しか無かったが、駆け足で駅に向かってなんとか間に合った。しかし疲れた。やはり自転車と走るのは違う。時々は駅の辺に自転車を停めてそこから走ろうかとか思うものの、荷物があるからなあ・・・。

ところで、googleでなにか検索しようとしたらなんかアイルランドっぽい絵になっている。なんだろうと思ったら、セントパトリックスデーだった。そういえば確かにそんな時期だけど、寒すぎるな。こんなに寒くては、パレードとか見に行ってる場合でも無さそうな・・・。イギリスでは(もちろん)セントパトリックスデーなんて全く無視されている。ということで、今日はギネスを飲んでみた。ハッピーセントパトリックスデイ!

ケンブリッジ生活:疲れ気味の金曜日

金曜日は前日の飲み会疲れがあり、バス通勤にしようかなと思うも、なんとか踏みとどまって自転車で通勤した。
寝不足でボーッとする中、ボスとミーティング。テンションの上がらない結果を示して、テンションの上がらない話し合いがもたれた。テンションの上がらない結果を出すやつが悪いと言われればそれまでだが、毎週テンションの上がるような成果が出るものでもなく、そんな時にテンションな下がるような事を言われても困る。というのを教訓として学んだ。まあ、でも、ポスドクとしては自分でテンションを上げるしか無く、なんとかうまくいきそうな可能性を模索する。
先日話していた超アクティブなラボ(年にCNSを2報くらい出すくらいの勢い)のポスドクさんの話を聞いていて思ったが、そこのボスはガシガシ働かせるというのもあるが、とは言え、やってる人間のモチベーションを維持するのもそれなりに上手いんじゃないかと思う。まあ、ラボの業績欄をみれば、その仕事がCNS(悪くても姉妹誌)につながっていることは明確なんで、上手いもなにもないかも知れないけど、常にボスの中に明確なビジョンがあった方が働きやすそうだな・・・と情けないことであるが時々思ってしまう。まあ、疲れているのだろうな。
とか言っていても、道筋は自分でつけるしかないのだから仕方ない。模索の結果、少し思いついたので、ラボにある物品をチェック。取り敢えずやりたいことは今あるものでできそう。

今更ながら、先日の日本一時帰国の際にお土産として買ってきたウイスキーを開けてみんなで試飲。美味しかったと思う。最近、どこからか手に入れてきたウイスキーをみんなで飲むというのがラボではやっているので、ちょっと土産にしては高いなあ・・・と思いつつ買ってきた。まあ、みんなで楽しめるからいいかな。ちなみに買ってきたのはこれ。
ウェブをチェックすると、こちらでは90ポンドとかで売っているので、日本で買ったほうがずいぶんお買い得ということらしい。なら良かった(スコッチとか、日本の方が安かったりするので)。

ケンブリッジ生活:日本人会のセミナーに初参加

木曜日。朝から雨だったので迷わずバス通勤。
今日は夜にイベントがあるので(半分真面目)本当は自転車で通勤するのが望ましかったのだけれど、致し方ない。夜には雨はふらない予報であったので、一度家に帰ってから再びセンターまで出かけることとする。

うまくいかない実験のサンプルをマススペックのファシリティに渡した。まあ、一週間ちょいですかね、という話。なんか一体誰に渡して良いんだかわからないので困ったが、今度からはあの愛嬌良いのオバサマに渡すことにする。最初に話しかけた人は、かなり怖く、動揺してしまった。
他のサンプルも昆虫細胞の発現系がなんか上手くいってなくて、唸る。ウイルスを増やし直すとかすると上手くいかなくなるのはよくあることらしいので、バクミドの精製からやり直し。最初のトランスフォームからかと思ったが、マニュアルにはトランスフォーマントを−80度で保存するのは大丈夫、と書いてあり、(全く記憶にないが)グリセロールストックがちゃんと−80度に保存されており、それを使ってバクミドを取るところから始めることにした。

久々に日本語のセミナーを聞いた。なかなか楽しませてもらったが、時間の都合上質問は無しというだったので(ほぼ)黙っていた。でも、結構質問がでていたような・・・まあ、盛り上がるのは良いこと。ボランティアによる発表みたいなところがあるので、関心持って聞いてくれるんじゃなければやってられなくないかという気もする(発表好きな人はともかく)。

その後、そのセミナー関連で飲み会。こちらもなかなか盛り上がっていた。構造は夢がありますね、みたいなことを毎回言われるような気がするが(セミナーの方が、構造の話だったので)たまたまCNSなんかに載るような仕事の話を聞いただけで、構造に夢があるというわけではない。というか、そういうのに載らないような仕事の話では、地味な学会以外でがお声がかからないのだと思う。派手な仕事を出せる人は、構造の中でも限られているような気がするが、まあ、この建物の中にはたくさんいらっしゃいますので、皆さん勘違いされても仕方がないのかも知れない。

ケンブリッジ生活:荷物を受け取る

今日は朝から比較的良い天気。で、自転車で元気よく家を出たのだが、思いの外向かい風が強く、かなり疲れた。強風という程でもなくても、逆風は辛い。
昨日ままならないと書いた、やや意味不明な挙動をするサンプルをマススペクトルにかけようとファシリティーにメールしたら、レスポンスがメッチャ早い。マススペックのファシリティーが建物内にあるというだけでも点数が高いが、レスポンスが早いなんて更に高得点。
実験の方は、上記のサンプル調製に技術的な悩みが発生したため、今日は手を動かす仕事は少なめ。別プロジェクトのタンパク発現と、マススペクトル用のサンプル準備くらい。このプロジェクトに関しては、とりあえず結合候補の他のタンパク待ち(待ってるっていうか、自分でやるんだけど)&電顕のトレーニング待ちです。

ちょうど時間がある時にタイミングよく注文していた荷物が夕方自宅に届くということなので、早めに帰宅した。それにしても、運送会社にはフレキシビリティが無い場合が多いので大変面倒くさい。日本の運送会社は本当に有り難い存在である。日本の運送会社の皆様ご苦労さまです、というところ。イギリスくらい”にべもない”体制にしたら(会社にも依るので、ちゃんとした(顧客に優しい)体制をしいている会社もある)、運送会社の人はもっと楽になるんだろうなと思う。効率よく配達することで自分たちを楽にする方法と、顧客のニーズを無視してルーティンから絶対に外れない事を目指すことで自分たちを楽にする方法の二通りがあることに気づく。日本の場合前者を追い求めるのだろうが、イギリスでは今の所どちらを選ぶかは会社(または担当者)に依存する模様。アメリカの場合、集合住宅では小包なんかはアパートのオフィスが受け取ってくれるのだけれど、イギリスではそういうシステムは無い(そもそも大規模な賃貸住宅経営という業態がないような)。
”にべもない”運送会社(または配達担当者)の場合、配送時間はこの時間(配達ルートに沿った時間)、再配達は3回まで、ウィークデイのみ配達、店舗での受け取りは無し、夜間配達?なんすかそれ?という具合で、家に人がいない場合、いかんともし難い。まあ、相手の都合もわかるのだけれど、だいたいこの時間に配達しますよというタイムフレームはあるにしても、ほんとに来てくれるかは来るまでわからないし、困る、困るけどどうしようもない…

研究生活:ままならぬ

ケンブリッジは、今日も朝は怪しげな天気だったが、昼にはなんだかちょっと春っぽくなってきたかなと言う感じだった。

久々に日本人ランチに参加した。某有名ラボのポスドクSさんとお話していたら、かなり順調に仕事が進んでいる様子で、(今までやったことは無いが)結晶化をしなさいということらしい。順調で羨ましい。構造解析、タンパク質間相互作用(ターゲット因子も分かっている)となったら、殆ど定形が出来上がっていて、後は構造が解けるのか?と、きちんと生物学的な意義が証明できるか?というところ。後は元々のプロジェクトの面白さで雑誌が決まる、みたいな。いや、もう、詰将棋みたいなもので(不確定要素はそれなりにあるにしろ)、後は走るだけですね、という印象を受けた。ほんと、羨ましい。

一方自分はと言うと、なかなか定形にははまり辛いプロジェクトだし、無理にはめようとすると技術的に色々と無理が生じてきて悩ましいところ。まあ、新しいテクニックを身に着けつつ、地道にやるしか無いのだけれど。タンパクのサンプルが何もなかった半年前に比べれば、遥かに進歩している、と自分を励ます。
励ましていたのだが、もうルーティンになってきたと思われたタンパク精製がイマイチで、唸ってしまう。それはそれで面白いというのなら良いのだけれど、違うだろうな、と思いながら一応サンプルをマススペクトルに出したりしてみる。

ケンブリッジ生活:カレー臭

今朝は、曇りだったのだけれど、夕方に雨が降る予報があったのでバス通勤。

今週はタンパク精製(プロジェクト1)、タンパク発現(プロジェクト3、昆虫細胞)、タンパク発現(プロジェクト2、大腸菌)の週。やり方は大体固まってきたような気がするので、その辺は思い悩むことなく終わらせたい。

ちょっと用事があって昔の同僚にメールしてみたら、日本でも電顕(電子顕微鏡)ができるコラボレーターの争奪戦が起こっているという噂(そこに新規のポジションの可能性があるわけではない。多分)。本当なんだろうか?ていうか、高分解能で単粒子解析を希望するのなら、使える電顕の数がそもそも足りないから、争奪戦になるのもわかる気はするけど。だからといって、みんな電顕やりましょうとか勘違いするとまたおかしな事態になりそう(もう既定路線かも知れないけど)。あ、わたしも(話の流れで)クライオ電顕やろうとしてるんですけどね・・・。

今日は昨日作ったカレーが残っているので晩御飯が楽ちん。ただ、家に変えるとカレーのにおいが部屋中に充満しており、まるでインド人家庭にお邪魔しているかのようだった。明日もカレー。もしかしたら明後日もカレーかも知れない・・・。

ケンブリッジ生活:クート近影

イメージ
どうも最近ケンブリッジは天気の悪い日が多い。今日は曇りの予報だったので、ちょっと自転車でそのへんの写真でも撮りに出かけようと思っていたのだけれど、昼過ぎには霧雨が降り出したので諦めた。結局、掃除とか、勉強とか、読書とかそんな感じの一日になった。部屋を出たのは、近所のスーパーに買物に出た一瞬だけ。
なので(?)ちょっと前、天気の良い日曜日に撮ったクートの写真を一枚。クートは何度か見かけているけれど、ここまで接近できたのは初めて。撮影場所は大学のキャンパスの片隅に整備されている近所の池。

ケンブリッジ生活:ソウルプラザでお買い物

土曜日はラボに行こうかどうしようか迷っていたのだけれど、結局土曜日に仕事を始めたところで効率がよくなるわけでもないので買い物に出かけることにした。目的地はソウルプラザケンブリッジの中では最も日本食材が豊富に揃っているとされる韓国系スーパーマーケット)。
米が殆どないのでそれが主な目的だったのだが、他にも酒、みりん、醤油など切らしていたり切れかけだったりする調味料を調達するつもりだった。だが、みりんが置いてない。ここしばらくの傾向なのだが、一部調味料が無かったり品薄だったりしている。少し前に比べるとずいぶんマシになってきていたように思うが、それでも一部商品の欠品があった。酒も、調理用の酒として売っているものは無かったので、安い清酒を買ってきた。酒はそれで良いのだが、みりんが無いのは困るな・・・。
買い込んだものは米5キロとか、醤油1リットルとか、その他にも酒やらキムチやら冷凍ギョーザやら豆腐やらを買ってしまったため、買い物袋は非常に重くなった。にもかかわらず、節約のためにUバスを利用したので、結構歩くことになってしまったが、週末に家にこもっていると週末に運動不足となり月曜日から辛いので、それくらいの運動はしたほうが良いのだろう。

ケンブリッジ生活:ガチャガチャした一日

今日は朝はそれなりの天気だったので自転車ででかけたのだが、失敗だった。というのはまた後のお話。今日はなんだかガチャガチャした一日だった印象。 昼前にメールをチェックしていると、日本人の知り合いのSさんが、”セミナーの前にLMBで昼飯を食べようと思ったんだけど、入れてくれないから誰か助けて”というメールを送ってきていた。まあ、仕方がないのでお迎えに上がり、一緒に昼食。怪しい人を簡単には入れないということは、ある程度セキュリティがしっかりしているということで、良いことであると思う。

昨日Nさんと話していて、Pembroke Collegeの庭が素敵だというような話を聞き、ウィキで調べて、2002年にノーベル医学生理学賞を受賞しているJohn SulstonはPembrokeだったんだね、なんて思っていたら、今日亡くなったという所内メールが送られてきた(かつてLMBに所属されていたため)。変な偶然。

ちょっと前にネガティブステインのグリッドを用意したのを、今トレーニングを受けている学生の子に見てもらったのだけれど(彼女は自前のサンプルが無いので)、数週間前、同じサンプルを某さんにみてもらってたのと全然様子が違う。何を見たんだ・・・。自分のとったデータしか信用しないとか良くないことだとは思うが、こういうことがあるから結局自分でやったほうが良いという事になってしまう(自分のトレーニングは来月なので、今の所仕方がないのだけれど)。

ここでは、培地とかはオンラインで注文して作ってもらうというシステムなのだけれど、頼んだはずの培地が届いておらず(月曜日に使う予定なので焦ってはない)、どうしたんだろうなあ・・・と思って隣のラボのスペースを覗いてみると、そこに置いてあった。うちのとこにもスペースはあるのに、何故?  夕方には雨が降り出し、小雨ではあるが帰宅時間にも降り続いていた。小雨でも30分も自転車に乗っているとビショビショ。朝自転車ででかけたのも失敗だったが、雨が降ってるのをしりつつ自転車をラボに置いてバスで帰らなかったのも失敗だったような気がする。

ケンブリッジ生活:夜遊び明けの木曜日

今朝は天気が良いですね、なんて朝には言っていたのだけれど、風が非常に強く、直ぐに曇天に。風が強いので自転車は諦めバス通勤とした。
通勤に使っているバスは、ケンブリッジ大の施設を結ぶように走っているので、通勤途中に研究所だの、カレッジだのを眺めることになる。学部群は新しい建物が多く、デザインもお洒落にできていて、なんか見てるだけでテンションが上がる。一方でカレッジの多くは旧来の建物を維持しており、こちらはこちらで荘厳な雰囲気を漂わせていい感じである。カレッジと学部(こういう言い方が正しいのかは知らないが)がいい感じで(見た目からして)最先端と伝統のバランスを取っているのはケンブリッジの良いところのひとつなんじゃないかと思う。
昨日はフォーマルディナーにラボのメンバーと参加し、夜遊びしてしまった。家に帰ってちょっと休憩と思ってソファーに座ったらそのまま眠ってしまい、朝を迎えた。やや二日酔い気味というのも手伝って、今日は日中非常に眠かった。駄目ですね。
帰り、Nさんと会って以前Nさんに紹介してもらった子供向けの物語(Swallows and Amazonsという物語のシリーズ)を購入したことを報告。一冊ずつ買っていこうかと思ったのだけれど、 Book Peopleというサイトでセットで安く売っているのを見つけて6冊同時購入(全部で13冊あるらしいが・・・)。一冊8ポンド程度するものが、6冊で12ポンド弱だったので、かなりお買い得。ちなみに、最初から6冊というわけではなく、3冊目の本Peter Duckというのが抜けた前半の6冊というラインナップでした。
Nさんとは今日も夕食をご一緒し、業界話からアニメ話まで色々と伺う。”りゅうおうのおしごと”というアニメ(ライトノベル)が、将棋の話であるという事を初めて知る。タイトルは以前から聞いたことがあったのだけれど、竜王&ライトノベルという組み合わせでは、なんとなくドラクエのほうが先にイメージされてしまうのは私だけだろうか?

ケンブリッジ生活:3回目のフォーマルディナー@ダウニングカレッジ

今朝は小雨が降っていたが、今晩ラボでフォーマルディナー(フォーマルディナーについては以前の記事をご参照ください)にでかけることと、晩には雨が止むという天気予報を考慮して自転車通勤を敢行。予報通り夕方には雨の気配がなくなってよかった。
今日は、昨日混み合っていて出来なかったタンパク発現をしたり、別のタンパクの精製をしたりという一日だった。
フォーマルディナーはダウニングカレッジ。設立は1800年で、1596年から1869年の間に設立された唯一のカレッジということで、”古い中で一番新しい”とか”新しい中で一番古い”カレッジとか言われることがあるらしい。ロビンソンクレアに続き、3回目のフォーマルディナーであった。今回は、このカレッジに所属するPhDの学生さんである、Yさんの紹介での参加(フォーマルの参加には、カレッジに所属している人の紹介が必須)。
ちょっと食堂入り口が分かりにくいということで、カレッジの正門に集合してから移動。食堂の 入口を入るといきなりキッチンがあり、一人で入ったら、ここで良いんですか?と思ったに違いない。 最初食堂に入ると明るくて、あらここはずいぶん明るいな、と思っていると、ディナーが始まるとともに薄暗くなった。調光可能なのね。ディナーはなかなか美味しく、その後にビリヤード(こちらではビリヤードとは言わないが)もできてよかった(2回やって2回とも負けたが)。

ケンブリッジ生活:みんな働いている

自転車通勤再開二日目。今日も雨は降らない予報なので自転車通勤。とは言え、そんなに天気が良いわけでもない。取り敢えず今日は終始抑え気味に自転車をこいで出勤。
なんだか今週は皆さんラボに顔を出していて、それぞれに実験をしている(普通じゃない?という気もするが)。ローテンションの学生さんやら、サマースチューデント(サマーじゃないけど)的な学生さんやらもいて、みんなが実験しだしたことで装置がいっぱいいっぱいになっている。まあ、すべての装置が、というわけではなく、取り敢えず一部なのだけれど、その実験が次の段階にシフトすることを考えると、次はあの装置に行列ができるだろうことが予測されるのである。これだけ個々人の稼働率が高い時期は、うちのラボとしては珍しい気もするから、多分大丈夫なんだろうけど、なんかまあ、それなりにストレス。

ケンブリッジ生活:久々の自転車通勤

日本に帰っていたり、過酷な天候であったりして、しばらく自転車通勤をサボっていましたが、今日から再開。やはりしばらく自転車に乗っていないときつい。ついた頃にはちょっと気分が悪くなったくらいだったが、なんとか無事にラボに到着した。少し休んだら普通に生活できたが、ちょっと慣らしが必要だな。
今日は雨の予報は無かったように思うけれど、帰りにラボを出ると道も自転車も濡れていた・・・。道路にも水が溜まっており跳ね上げた泥でズボンが汚れてしまった・・・。

ケンブリッジ生活:引きこもる土曜日

イメージ
今日は寒そうだし、昨日までの雪で外はこんな感じだったので、 家に引きこもっていた。

掃除とか、洗濯とか、掃除機の掃除とか、洗濯機の掃除とか、気になっていた家事を済ませる一日でした。掃除機は1ヶ月に一度フィルターの掃除をしないといけないはずなのだけれど、かれこれ一年近くやってなかったような。洗濯機は洗濯機掃除用の洗剤を買ってあったのでそれをやってみた。 そんな土曜日。

ケンブリッジ生活:調子に乗れない金曜日

今日は見事に寝坊した。昨日の悪夢にうなされて目が覚めたのとは対照的。目覚ましのアラームはスルーしたらしく、朝の相方とのスカイプで目を覚まし、少しだけ喋り、そのあとそそくさと朝食を済ませ慌てて出勤。
今日も相変わらず氷点下であり、風邪も強いのでバス通勤。なのだが、バスに乗ろうとでていくと、アパートの一階のホールのところで向かいのインド人が立ち話をしている。この人もバスを利用する人なので聞いてみると、どうもバスが一本来ないので待機している模様。何なんだ、Uバス。最近、バスのドライバーが大幅に入れ替えられているようで、そんなことも影響しているのかと勘ぐっているが、何にしてもこうキャンセルが多いと困る。
毎週金曜日はボスとのミーティングの日なのだが、今日はボスがオックスフォードに出張ということでキャンセルのはずであった、が、ケンブリッジよりもオックスフォードのほうが更に雪が積もっているとかで出張自体がキャンセルになったそうで、ボスがでてきていた。ということで、一応ミーティング。特に進展もないが、特に困ったことがあるというわけでもなく、話しても話さなくても困らないという状況ではあったのだが。毎週驚くべき進展があれば良いのだが、多くの時間は地道な労働に費やされるのが生物系実験科学者の宿命であろうと思われる。
その後、ボチボチと実験をして、やっぱりこの方法じゃ精製がうまくいきませんな、という結論に至る。それ以外にも方法はあるのだけれど、それぞれ一長一短でどうしようかと思って思いつくままにググってみると、なんとある方法の短所を消してくれるような商品が存在することが判明。早速注文。早く届かないかな。
精製の方に気を取られ、ウイルスを増やしているのをすっかり忘れていた。帰り際になり思い出し、バスを2本ほど乗り逃すことに。マヌケなことである。
なにはともあれ金曜日。明日もまだ寒そうだし(雪は今晩で終わりみたいだけど)、ちょっとゆっくりしたいところ。

ケンブリッジ生活:今日も氷点下

今朝も気温マイナス3度。 スコットランドの方では車が立ち往生したりしているみたいです。
今日は、恐らく夢にうなされて(覚えてないけど)5時半に目が覚めてしまい、そこから眠ることができなかった。ということで、一日中眠かった。
帰り。またいつもの時間のバスは何も告げないままにキャンセルになった模様。今日もウェブサイトのトラッキングが動いてないようだったので、昨日の教訓に基づいて、私は次のバスにしたのだが、Nさんは一本分待たされることになった模様。お疲れ様です。いや、マジで、寒い日にこういうのはちょっと困る。 Nさんは今日はUniversity Centreでの夕食の日で、私もご一緒させていただいた。初めての体験。今日はちょっと寒かったが、それなりのものがそれなりの値段で食べられて、なかなか良いんじゃないかと思う。どうもありがとうございました。 アニメや小説についても教えてもらった。日本を離れて早9年。オタク文化の発展、興味深い。

ケンブリッジ生活:一日中氷点下

今日は朝から断続に雪が降っていた。それほど激しい雪ではないから積雪は大したことではないのだけれど、一応白く覆われている。気温も低く最高気温(!)マイナス3度。寒い。
昨日はあまりにも眠かったがために早く眠ったのだけれど、だからといって早く目覚めるということもなく、8時間睡眠。体調が回復したような気はする・・・が、ボーッとしていて、調子がいいという感じではない。寝過ぎも、眠らなすぎもよくないと実感する。
帰り、いつもの時間のバスに乗ろうとウェブサイトをチェックするが、トラッキングが動いてない。悪い予兆なのだけれど、まあ来るでしょ?と思ってしまったのが間違いだった。よくある、勝手にキャンセルというケースだったらしく待つこと20分強。次のバスがやってきた。何もこんな寒い日(−5度くらい?)にこんな仕打ちをしなくてもいいだろうに・・・。一本キャンセルになったのでバスは満員(一応座れたけど)。いつも同じバスを利用しているNさんは、今日はセンターで食事の日で難を逃れた。やはり何か持ってますね・・・。途中で乗っていらしゃったが、その時点でも混み合っていたので話すことはできなかったが。