イギリス生活:HSBC nightmare


どこの銀行の評判もそれなりに悪い英国。私はHSBCの口座をもっているのだけれど、とりあえずこれまではそんなに面倒なこともなく過ごしてきました。が、少し前にHSBCがmobile appを更新するとか言い出して事態が急転。別にモバイルアプリなんて入れなくてもいいじゃん?と思われるかもしれないけれど、HSBCの面倒なシステムに於いては、モバイルアプリが結構重要で、例えばwebサイトにログインするにもモバイルアプリで作り出したコードが必要になったりするので、ないと困る。

突然、間もなく現行のモバイルアプリが使えなくなりますと言い出したのが一ヶ月ほど前。曰く、アプリストアに行っていただいて、ログインしていただければ、旧アプリのデータを数秒で自動で移行いたします、だそう。現行のアプリが使えなくなるのでは仕方がないから、新しいアプリをインストールし、支持通りにログインしてデータ転送をしようとすると、いつまで経っても終わらない・・・。人との会話では、”1sec待って”は10分位だったりするが、10分どころではなく、一晩中かかっても終わらない(そもそも、相手はコンピューターだし)。とりあえず諦めて、しばらく時間をおいてから新たにアプリをダウンロードしてインストールするもやはり同じ。新アプリの評判は散々で、やはり移行できなかったというエラーは他でも発生しているらしい。が、その解決法は一切示されていない。

もう明日には現行のアプリが使えなくなるということなので、仕方がなく電話。電話で人間にたどり着くのに時間がかかるのはどこでも一緒なのだが、そこからのやり取りがまたややこしい。大雑把には、新旧両方のアプリをuninstall して、新アプリを新規にインストールする、ということなのだが、このモバイルアプリの設定、最初は店舗でやってもらっていて、人にやってもらっても面倒くさくて嫌になるという代物。あっちこっちへパスワードだのコードだのが飛び交った挙げ句にやっとこさ完了したのを覚えている。これを電話越しにイタリア語訛りの兄ちゃん相手にセットアップしなければならない。しかも、何かのパスワードが大文字が使えない設定に変わったらしく(退行してない?)それをリセットするところから始まってしまい、お互いにやや切れながらやり取りした末に、なんとか設定終了。無事にモバイルアプリが使えるようになった。

結局、新規にモバイルアプリを設定し直すので、電話しないと話が進まないのだが、問題がわかっているんだから対処法をまとめてウェブに載せておくくらいして当然だと思うのだけれど、世界のHSBCはこんなもんなのである。つうか、問題があるのにそのままシステムを移行しちゃうところが(まあ、基幹部分ではないのだろうけれど)、流石というかなんというか・・・。無駄な生活ストレスは格好のブログネタだとはいえ、やっぱりあまり体験したくないものです。

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

タンパクの小さいピークを見ながら、まあ確かにな・・・と思う