実験生活:シンプルかつオーソドックスに


今日のケンブリッジは、少し風が冷たくなったかな?という感じはあるものの、やはりそれなりに暑かった。

幸い、自転車転倒の際の方の痛みは快方に向かっているものの、なぜが右足首の内側、くるぶしの前あたりの腱が痛い。そこも強打していたのだろうか?よくわからないけど、しばらく様子見。


精製したタンパクを電気泳動してみると、どうも短いコンストラクトの方はアフィニティのあとには目的のタンパクはほとんどなし。取れてくるものにしても元々発現が弱いので、どこで消えているのか、そもそも発現してないのかよくわからない。他がうまくいきそうなら、このコンストラクトは放置になりそう。
長い方は、とりあえずちゃんと発現していたが、分解産物らしきものを含むコンタミが多く、もう少し精製。陰イオン交換。珍しく、いい感じに分離できたのでちょっと期待が持てるかもしれない。

ワールド・カップシーズンだけに、シンプルかつオーソドックスとか、どっかのサッカーのコーチがいいそうなセリフだなと思いながらやっていたのだけれど、それがうまくいくこともある(のだといいな。もう少し検証が必要)。

コメント

人気の投稿