リゾート留学


某大学の准教授の方が、某国の若手文部科学官僚の方と
某国メキシコ国境近くのリゾートのような街で会食している写真をFBで見かけた。
某国の文部科学省といえば、最近ニュースを賑わしているわけだが、
若手のみなさんには関係ないのだろう、屈託のない笑顔で写っていた。


某国の若手文部官僚の方が複数人写っていたが、
皆様リゾート地に留学しているのだろうか?
それは流石に無いだろうと思うけれど、少なくとも1人はリゾート地に
留学されているものと思われる。
このリゾート地でなければ学べないものとはなんなのだろう?

このリゾート地もバイオテックでは比較的有名だったり、
某半導体メーカーがあったりはするが、バイオテック集積地なら他にもある気がするし、
リゾート地を選択する積極的な理由は私には思いつかない。 
 
まあ、リゾート地とは言え、色々とレベルの高いものはあるには違いないが、
あまりにリゾート地っぽいため、やっかみも含めて勘ぐってしまう。


某大学の准教授の方は、
某国の大学のダイナミズムやエコシステムを通じた産業育成、
科学技術政策などの感度を高めていただきたい
なんて(調子の良いことを)書いていたが、はて、あれは官僚が主導したものだろうか?
もし、本気で某国のダイナミズムやらエコシステムやらを学んで産業育成を考えるなら、
某国の文部科学省はその利権の多くを手放し、
税制改革を受け入れるしか無いと思うのだけれど。

いや、まあ、実際にそうなってくれたら良いのでしょうけど・・・。

官僚主導でうまいことやろうというのなら、見聞するのは違う国のほうが
良さそうな気がする。
あるのかは知らんが。

しかし、こんなふうにしてネットワークだかコネだか
癒着だかが出来上がっていくんだな・・・。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???