本庶先生ノーベル賞受賞


今朝は雨。
新学期&雨とくればバスが混み合うのは当然で、
人の熱気でムンムンするバスに乗っての通勤だった。
嫌ですね。


昨日、ノーベル医学生理学賞の発表があって、
京都大学の本庶佑先生が受賞されました。
まずもっておめでとうございます。

薬価がどうのこうのという話もあるオプジーボだけれど、
がん患者にとっては大きな希望ですよね。
基礎から製品まで持っていってノーベル賞。
素敵です。

基礎科学の重要性をおしゃってくれているわけだけれど、
さてさてどうなるんでしょうか?


本庶先生とは縁もゆかりもないのですが、
昔構造を解いたタンパクが本庶先生の師匠の
(少し前に亡くなられた)早石修先生の発見したタンパクで
(PNASのエディターを早石先生にお願いできたのはなんだか嬉しかった)、
そのタンパクの阻害剤がオプジーボとの併用で効果を
出しているとかいう話があり、
時空を超えた再会のようなものを見守っているところなので、
なんかまあ、勝手に感慨深いとか思ってしまっています。


なんて、手の離れた子供の成長を見守るみたいなことだけしていても
仕方がないので、あたしも頑張ります。

コメント

このブログの人気の投稿

研究生活:ポスドクアプライ時のカバーレターの書き方(私見)

イギリスビザ:貧乏一家のイギリスtier2ビザ申請:煩雑な手続き、ヒリヒリする申請費用

イギリス生活:昭和の雰囲気漂うガスコンロ。これがイギリスのスタンダード???