投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

ブログみてますよ、と言ってみる

先週末、天気が良かったのでグランチェスターに散歩にでかけました。自宅からは自転車で40分の距離(googleさんによれば20分なんだけど、それはまあいつものこと)。皆さん考えることは同じのようで、川沿いの散歩コースが結構賑わっていました。
日本人のご家族にも遭遇。そのご家族には、私も以前一度だけお会いしたことがある。 私は一度しかあったことはないのだけれど、妻は時々奥様と会うようで、その情報から推測するに、旦那様はブログを書いていると思っていました。自分のブログを特定されることはあっても、他の方のブログを特定して”読んでますよ”と伝えたことのない私は、虎視眈々とその機会を伺っていました。とうとうその時に巡り合った私は、ここぞとばかりに”ブログ書いてますか?”と尋ねてしまいました。 予想通り、発見したブログはその方のものでした。その方のブログは”ケンブリッジ、ブログ”で検索すると、かなり上位に表示されるので、(このブログなんかと違って)特定されやすいんじゃないかと思います。
でもまあ、ケンブリッジにいらっしゃる方は、事前に情報を集めるツールとしてブログを読んでいることも多いようで、言われてないだけで他にも私を特定している人はいるんだろうなとは覚悟しています(しかし、あの中の誰か、くらいまでしか特定できないこともありそうですが)。恥ずかしいからやめなさい、と時々言われますが、庶民の生活は歴史には残らないので(昨日、マツコの知らない世界で、”たい焼きの魚拓”をとっている人が言っていたののパクリ。しかし、たい焼きの魚拓はすごい)、そういうものを記録しておくのも、まあ、良いかなと思ったりしながら続けている次第です(日本語を書く練習も兼ねて)。

ああ、びっくりした

週末から暖かくなっていたのだけれど、週明けもかなり温かい。18度というのは、2月の観測史上最高とか。しかし、朝は結構気温が下がるんですよね。今朝は4度。油断して、ちょっと春っぽい服装を選択してしまったのだけれど、出発時点ではちょっと寒かった。
今日はあまりに陽気が良いので、昼食は屋外のベンチに陣取ってとることにしました。日向だったこともあり、ちょうどいい感じ。
その昼食に遅れてやってきたボスが一言、 ボス:”E(元ボス)、研究所移ったって知ってた?” 私:”え、まじで?” と、(傍から見るとあまり驚いてなさそうな感じで)結構驚いてしまいました。
どこから得た情報だろうと一瞬思いましたが、まあ、内輪のはなしか、そうじゃなければツイッターだなと思ってみてみると、案の定、元ボスのツイッターアカウントに”移ったぜ”という一報が出ていました。ツイッター恐ろしいな。でも、私はなんか変なフィードも追っているせいか、大事な情報を見逃す傾向にあることに気づきました。余計なものはミュートにしていかないと、仕事上ではあまり意味がないな。

元ボスは、移る前の研究所で学位をとった人で、かつそこで早々にPIになり、早々にfull professorになった人で(よくあるアメリカの大学みたいに外に出ないと駄目みたいな規定はないらしい)、そのままそこで帝国を築いていくつもりなのだろうと思っていたもので(実際、駐車場をぶっ潰して、新しいビルを建てるという計画の中心だったんだろうし)、結構驚きでした。場所は相変わらず南国なのだけれど、あのゴルフ場ビューが二度とは観られないというのはちょっと寂しいなあ(まあ、そうそう遊びに行けるわけでもないのだけれど)。
知らなかったのは私だけかなあ?とか思いながら、今も連絡をとることのあるEラボ関係者にメールしてみたりしました。

注文の仕方が難しい

というほど難しいのでもないのだけれど、いろんなものを発注するのに手間取っていた。
アメリカの頃は、テクニシャンの人に丸投げだったので、随分楽をさせてもらっていたと思う(まあ、でも、そのせいで、気軽には試薬を試せないというデメリットはあったのだけれど)。
今のラボでは、ラボで共有している試薬以外は自分でウェブサイトから注文するようになっている。market placeなる内部のサイトがあって、そこで検索して出てくるものに関しては簡単に注文できる。アマゾンで買い物をするのと大して変わらない。が、そのサイトにないものを買おうとすると話がややこしくなる(non catalog orderと呼ばれている)。 基本的には、見積もりをとって(または業者のサイトから商品の値段を調べて)、大学からPOナンバーをもらい、それを業者に伝えて、という流れ。試薬会社が大学のデータベースに登録されている場合、比較的簡単に作業が終わるのだが、登録されていないと、業者登録するところから話が始まるらしい。今回はそのケースにあたってしまった(実際はちょっと違ったのだけれど)。
カナダの会社にペプチドの合成を発注しようとしたら、”この会社は業者登録から外れていて、登録をするから・・・"というのを秘書さんにお願いすることになった。が、そのやり取りの結果、そのカナダの会社はイギリスの会社を子会社化しており、そちらの会社の方は大学の納入業者として登録されており、ペプチドもその会社を通して発注できることがわかった。カナダの本社の方に見積もりをとった時点でそれを教えてくれたら余計な面倒はなかったのに・・・・。その意味のないやり取りに2週間ほどとられた。まあ、その間に別の案件でやることがでてきて、ペプチドが手に入ったとしてもすぐには実験できないので、実害はないのだけれど。
その別の案件のほうにもnon catalog orderが必要な物品が出てきて、注文した。こちらは業者登録がされていたので、すぐにPOナンバーがもらえてメールで注文したのだけれど、2晩を経てもなんの音沙汰も無し。なんか間違えたのかなとメールしてみると、あなたの注文は昨日処理されて、多分来週には発送できますとの返事。注文のメールもらった時点でとりあえず返事しないですかね?と思う。小さい会社なんだけど、まあ、その筋では有名な企…

ケンブリッジに帰ってきました。

お土産を買ったところでブログの更新ができなくなっていましたが、日本に一時帰国して、家族と共にケンブリッジに戻りました。
家族一同絶賛時差ボケ中です。息子氏が一番酷い(当たり前か・・・)。今日は朝の4時に私を起こしにきてくれました。
ボチボチと一時帰国関連記事も更新していこうと思っていますので、今後共宜しくお願い申し上げます。

お土産の買い出し

今日は夕方から雨という予報であったけれど、ちょっとセンターに用事があったので自転車通勤。
実験をそそくさと済ませて(かなりの勢いで実験した気がする)、早めにラボを出てセンターへ。相方からの頼まれものと、一時帰国時の土産を買うこと。頼まれ物の方は何件か周って検討する必要があったのだけれど、一軒目のもので決定。が、その一軒目に戻ってみると、既に閉店。後から調べてみると、そもそも最初に店を訪れた時点で閉店時間であり、客がいたから開けていただけであったらしい。仕方がないので、明日の朝にリベンジすることにする。土産物は、チョコレートにした。Hotel Chocolatのものを買ったけれど、まあまあ高いんだよなあ・・・。まあ仕方ないか。
センターから帰ってくる頃には少しずつ雨が降り始めたけれど無事に帰宅。その後、雨粒が窓にあたっていたので、結構降ったみたい。本格的に降られなくてよかった。
今日買えなかった頼まれものは、明日の朝に買う予定。

朝の全国ニュースでそんなあけすけに金をどう使わせるかなんて話題にする国なんだっけ?

NHKの朝のニュースを見ていたら、訪日旅行客は増加しているのだけれど、その客単価が目標額に達してない、みたいにまとまったニュースをやっていた。見ていて気分が悪かったのだけれど、ニュースってそんなものだっただろうか?
いや、”儲けを考えるな、おもてなしだよ、おもてなし”とか言うつもりは無いです。地方創生に観光業は欠かせないんでしょうし、客商売をするからにはお金を使ってもらわないと困るでしょう。でもさ、そういう話をそこでするかって話ですよ。出演している一般の人たちは、そういうストーリーに乗っかって話させられているだけだろうから仕方がないところはあるにしろ、全視聴者に向かって、”外国人から効率よく金を巻き上げましょう”というテイストのニュースを流しちゃう神経が理解出来ないし、それを見た人たちが、”そうだ、乗り遅れずアイツラから効率よく金を巻き上げねば”とか、血道を上げてしまったりする姿が、なんとも不気味に感じられるわけです。業界団体のセミナーとか、せめて経済ニュースくらいでやってくれるならいいですけど。あけっぴろげに、 ”日本人がお金を使ってくれる可能性は低いですから、金を持っている隣国の皆さんにお金を落としてもらいましょう” みたいな話、自分が旅行する立場だったら絶対聞きたくないですけどね。”こういう風に工夫してもてなしてますよ”っていうパッケージなら別にいいんですけど、パッケージが、”金の落としてもらい方”って感じだったので、げんなりしてしまいました。それ、翻訳されて海外に配信されたらどうなんでしょうね??
魅力もある国だとは思っているんですけどね、なんかここのところ、日本って場所を信用できなくなる話が多い気がしています。

別段なにもない土曜日

今日も朝は雪がちらついていましたが、日中は良い天気。しかし、気温はやはり5度以下でした。
間抜けなことに、昨日やるべき仕事を忘れて帰ってきてしまったので、(今日は本当は休もうと思っていたのだけれど)ラボに行くことに。バスで行くか、自転車で行くかと延々迷いましたが、結局自転車を選択。土日は最寄りのバス停までは行ってくれないですから。
間抜けで残った実験をするだけなので、ラボ滞在時間は短めにして帰宅。

不機嫌ドライバー

今朝は雪がちらついており、昨日に続いてバス通勤にした。マイナス20度、みたなところの人から見たら、温かいのだろうけれど、0度近辺だって自転車通勤するにはまあまあ寒いですよね。
今日でテクニシャンのLさんが産休に入るので、試薬の注文関連のことを少し確認。これからはSさんがその業務を引き継いでくれるのはありがたい限りである。しかしちょうどいいタイミングなので、共用の試薬の注文はホワイトボードに書くというシステムを導入。無くなっても注文しない人が多いので、注文してあるんだか無いんだかってのを管理したほうが良いし、注文しない人には、”ちゃんとやってくださいね”というプレッシャーをかけるのが目的。続くかどうかわからないし、やらない人に対して効果があるのかはわからないけれど。まあ、気分転換にもいいかなと。
帰り、バスはだいたいアプリ通りに来たのだけれど、そのドライバーの態度の悪さに辟易。自分が乗るときにも態度が悪かったのだけれど、何に苛ついているのか、お釣りの必要な客に対しては全て必要以上に細かい釣りをよこしているらしく、その処理にやたらと時間を要していた。ただでさえ道が混み合っていたので、無駄に時間がかかった。しかも、なんの恨みがあるのかバスのヒーターをつけず、延々と冷たい風が送られてくるという・・・。バスに乗っているのにも関わらず体が冷えてしまった。しかし、不機嫌撒き散らして仕事をして何が楽しいのか。ご機嫌に普通に運転していたらサンキューって言ってもらえる仕事って、そんな悪いもんでもない気がするんですけどね。態度が悪いと、それも言ってもらえない(ほんとに、普段に比べて言っている人が少なかったように思う。もちろん私も言わない)。
途中からNさんがバスに乗ってきて、久々に会話(短い区間だけど)。なんだかとても楽しい感じの仕事をしていて、良いことです。